出産後に尿もれしないために

「出産後に尿もれしないために」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2014年03月31日

出産後に尿もれしないために

体質改善スタイリスト・保健師のめぐみです。


今日、お読みくださるご縁に感謝します。




さて、今回は40代以降の女性に多い
尿もれについてご質問をいただいたので

子宮や卵巣の病気とはちょっとズレるのですが、
意外と悩んでいる女性が多いため、取り上げます。


出産すると一時的にもれやすくなっている女性も
実はいるので、

これから赤ちゃんがほしい女性も
出産後の尿もれ対策になりますから参考になると思います。


では、いただいたメッセージをお伝えしましょう。

〜〜〜ここから〜〜〜


めぐみ様
こんにちは、いつもメルマガをありがとうございます。
心の持ち方からケアまでとても参考にさせてもらっています。

私は60代で、最近尿意を感じると漏れそうな気がします。
ちょっとした動きで漏れそうな感じです。
切迫感などはないのですが。
漏れたという感じはしないのですがショーツには
ほんのシミみたいなものがあります。
友達にも「ちょっと漏れるのよね・・・」という人もチラホラいますので恐怖です。
「骨盤底筋トレーニング」という本を買ってキュッキュと体操を始めました。
コラーゲンを飲んでいたら尿漏れが無くなったという話を聞いて買いました。コラーゲン
は届かないということも聞きますので半信半疑ですが。鶏皮のコラーゲンと魚のコラーゲ
ンを買ってみました。
そしてペポカボチャがいいという事を母から聞いていましたのでこれも飲んでみようかな
と思っています。
いつ漏れても良いように準備万端です。オーガニックコットンの軽度の尿失禁にも対応す
るショーツを買い、シルクの布ナプキンも買いました。




いつでもOKにしておくと尿漏れはしない様な気がするのです。
「あ〜〜〜無駄になっちゃった」って思えると思うのです。
根拠のない思い込みですが。
対応は骨盤底筋のトレーニングや散歩くらいでしょうか?

何か予防になるとっておきの方法はありますか?
のびのび体操も尿漏れにも役立ちますか?

時々手芸の手を休めてのびのびしています。すごく良い感じです。

お時間のある時にでもお返事頂けたら幸いです。


〜〜〜ここまで〜〜〜


いつもメルマガをお読みくださりありがとうございます。

参考になると言っていただけると
とても励みになってうれしいです!

それでは、私からのお返事をお伝えします。


尿もれのお悩みは40代以降の女性で多いです。

女性はもれやすい体の構造だし、
出産をしているとなりやすですが、
できればそんなことにはなってほしくないですよね。


骨盤底筋トレーニングの本を買ったり、
コラーゲンなどの飲み物も試してみたりと
ご自分のために努力されていて素晴らしいなと思いました。

オーガニックコットンの布ナプキンも準備しているんですね。

たしかに、
「あ〜〜〜無駄になっちゃっ た」って思えると思うのです。

というほうが、安心できますよね。


これはいいお話を聞きました。
参考になります。
ありがとうございます。



漏れの予防にいいのは、やはり

【オマタまわりの筋肉をきたえておく】のが一番いいです。


お金もかからないですし。


漏れやすいのは、老化で顔がたるみがちになったりシワができやすいように、

漏れないようにしているオマタまわりの筋肉もたるんで弱っているからなんですね。



あなたの顔は20代と比べてたるんできていませんか?


私は今度35才になりますが、
20代のころと比べるとやっぱり肌にハリがなくなってきて
ほうれい線がくっきりつかないよう
顔の筋肉を動かすようにしています。



同じように、オマタまわりの筋肉がたるまないよう、
適度に力を入れてきたえておくのが一番効果があるのです。


骨盤底筋トレーニングの本は、
まさにオマタまわりの弱った筋肉を鍛える効果があるので、

1日1回でもやっておくと、
漏れやすいのも落ちついてくるようになりますよ。



骨盤底筋トレーニングの本を見て、
「これならできそうだ」と思うものを一つでいいので1日1回やってみてください。


効果があるのは、お尻の穴にキュっと力を入れることです。

お腹の下のほうに手を当てながらやるとわかりますが、
お尻の穴を意識してキュっと力を入れると
お腹の下のほうもキュっと力がはいります。


このときに、尿を出すのを調節している筋肉も動くのでトレーニングなり漏れ予防になります。


一瞬でできるので簡単なのに、毎日やっていると、
確実にオマタまわりの筋肉の動きがよくなります。


やってみて、ちょっと漏れそうになってこわいときは、
トイレでやれば安全なので、
トイレに行ったときに、用をたしたあとにでも1回やってみるのもいいですね。


あとは、床や畳にすわって、足をできる範囲で開き、
オマタまわりの筋肉を伸ばしてあげるのも効果があります。

股関節のびのび.jpg


それから、お医者さんのお話によると、


漏れそうになるからと
水をガマンしすぎるのもよくない
そうです。


漏れそうになるのは、水の飲みすぎではなく
オマタの周りの筋肉が弱っているからなので、


水をガマンすれば尿漏れがよくなるわけではありません。


水を飲むのをガマンしすぎると、
かえって脱水になって体調がわるくなるため、

ごくごくと一度に飲むのではなく、
こまめに少量の水を飲むようにしましょうと話していました。

参考にしてみてください。



漏れを気にせず、いつも若々しく笑顔でいられますように。




めぐみ
posted by megumi at 00:00 | Comment(0) | 体質改善>体質改善習慣

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。