42歳で子宮筋腫があっても妊娠できた

「42歳で子宮筋腫があっても妊娠できた」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2013年03月29日

42歳で子宮筋腫があっても妊娠できた

今回は子宮筋腫で妊娠希望の女性が
42歳で妊娠出産できたというお話を


同じく子宮筋腫があり妊娠希望の
30代後半のNさんからいただいたメッセージとともにお伝えします。



あなたは未来の赤ちゃんのために自分の体を大切にしようと思ったことはありますか?




かわいい40代で子宮筋腫があっても妊娠するコツ




子宮筋腫があると、妊娠しづらいとか
妊娠しても流産、早産の危険性が高いし
出産も帝王切開(お腹を切る手術)になりやすいと言われています。



私、めぐみが看護師の勉強をしていた時もそのように習っていて、
私自身も筋腫があるとわかったときは
「筋腫が大きくなると妊娠大変だから気をつけてね」と先生に言われて
心配になったものです。




ですが、実際の産婦人科の現場では
子宮筋腫があっても妊娠してふつうに出産できる女性はけっこういらっしゃいます。



40代で一度流産をしてしまった子宮筋腫の女性も
42歳で妊娠し、筋腫が少し大きくて


お医者さんには「筋腫が大きいから手術した方がいいと思うよ」と言われてしまっていたのに
結局はふつうに出産できて
しかも大きかった筋腫も小さくなってしまったのです。




妊娠していると、女性ホルモンのはたらきが妊娠モードになるので
筋腫も小さくなってしまうことがあります。



だからお医者さんによっては筋腫があっても
「早めに妊娠すれば小さくなるかもしれないから様子を見ようか」

というふうにおっしゃる先生もいます。



ちなみに、この40代の女性は妊娠できるようにと
体を動かすことを積極的にやりました。



体温が36.5℃以上あると赤ちゃんは居心地がいい



赤ちゃんはぽかぽかしているあったかい子宮と卵巣だと
居心地がいいので妊娠しやすいです。




あなたの体は、赤ちゃんが10か月間過ごす場所ですから
体温が36.5℃くらいあって体がぽかぽかしているほうが
赤ちゃんも居心地がよくて元気に育ちます。



体温が36.5℃より低い、35℃代だと
ど〜しても妊娠しづらいのですが、



子宮や卵巣がぽかぽかになる体の動かし方をすると
流産経験があって、子宮筋腫があって
40代であっても妊娠しやすいのです。



あなたが妊娠できるかどうかは
あなたが赤ちゃんのためにどれだけ自分の体を大切にケアしてあげるかによって変わってきます。



赤ちゃんが居心地がいい体でいよう♪




そう思えば、自然と体を大切にしようと思えます。


先日、セッションを受けてくださった30代後半の子宮筋腫があるAさんは

「筋腫に自分の体をもっと大切にしなさいと教えてもらいました。」

というステキなメッセージをくださいました。


Aさんのようなママの体なら赤ちゃんもとっても居心地がよくて
喜んでくれるでしょう♪




あなたも妊娠を引き寄せる赤ちゃんが居心地がいい体でいたくありませんか?




体温が36.5℃より低い低体温ボディを体温アップする簡単ケア

↓  ↓  ↓
http://ameblo.jp/kenkostylist/entry-11495679497.html




posted by megumi at 18:00 | Comment(0) | 赤ちゃんがほしい

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。