冬の寒さで足が冷えて寝つけない・ぐっすりねむれないときのぽかぽかケア

「冬の寒さで足が冷えて寝つけない・ぐっすりねむれないときのぽかぽかケア」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2012年09月02日

冬の寒さで足が冷えて寝つけない・ぐっすりねむれないときのぽかぽかケア

check1.gif冬は足の冷え性でなかなか寝付けない

check1.gifおふとんに入っても足が冷たくてぐっすりねむれない


check1.gif冷え性だから冬の朝は足がつってツライ



という女性のための、冬の夜にぐっすりねむれるようになるぽかぽかケアです。


このぽかぽかケアでできること

check2.gif冬の寒さで冷え冷えになった足がぽかぽかあたたまって気持ちいい

check2.gif冬の寒さで足が冷たくなりすぎて寝付けなかったのが足のぽかぽかでスーっと寝付けるようになる

check2.gif冬の寒さでぐっすりねむれないでいたのが、足のぽかぽかでぐっすりねむれるようになる

check2.gifぐっすりねむれるようになって女性ホルモンのはたらきがよくなり生理不順がよくなる
check2.gifぐっすりねむれるようになって体のメンテナンスができるので子宮や卵巣の病気の悪化予防になる
check2.gifぐっすりねむれるようになって体のメンテナンスができるので肌のシミ増え予防になる


あなたは寒い冬にぐっすりねむれるようになって女性ホルモン力がアップする肌キレイ美人になりたくありませんか?


黒ハートステップ1 ミニサイズの湯たんぽを用意する


雑貨屋さんやホームセンターで買えます。

女性の手のひらよりちょっと大きめくらいのもので

容量も300ml前後くらいのものでいいです。

やけど防止のために湯たんぽ用のカバーも用意しましょう。



100円ショップでも売っているようですが、耐久性と安全性に疑問があるので私はおすすめしません。


黒ハートステップ2 夜寝る前にミニ湯たんぽにお湯を入れておく

ミニ湯たんぽはお湯をわかす量も少なく済み、すぐにわきます。

私は電気ケトルのティファールでわかしています。


電気ケトルはすぐにわくので便利ですよ。



黒ハートステップ3 寝る前にミニ湯たんぽをひざとひざの間に6分間はさむやけど防止のためにミニ湯たんぽ用のカバーを必ずしてひざとひざの間にはさんでください。

膝湯たんぽ.JPG

「ちょっと熱いかも..」と思ったら、やけど防止のために
タオルをさらに巻いてみて調整してください。


これであなたの下半身全体がぽっかぽかになり、
寝つきがよくなってぐっすりねむれるようになります。


ミニ湯たんぽでひざをあたためたあとは、
寝るときにお布団の中に入れるとさらに寝つきがよくなります。


あなたもミニ湯たんぽのぽかぽかケアで冬でもぐっすりねむれるようになりたくありませんか?



病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。