寒いとぐっすりねむれないお悩みありますか?

「寒いとぐっすりねむれないお悩みありますか?」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2012年11月01日

寒いとぐっすりねむれないお悩みありますか?

私が住まう茨城県も朝晩が冷え込むようになり、

暖房を使い始めました。


冷え症で足冷えがひどい私は、雪国育ちだというのに寒さにはめっぽう弱いです。


あなたは冬の寒さで夜になかなか寝付けなくてツライ..

ぐっすり眠りたい!!


と思ったことはありませんか?




かわいいぐっすりねむれないと婦人科の病気が悪化する



私は、寒くなると寝るときも足が冷えて眠れないので電気毛布が欠かせませんでした。


朝になると足がツることもよくあり、
朝から悶絶するような痛みに悩まされることもあったのです。



ぐっすりねむれないというのは、実は子宮内膜症や子宮筋腫・卵巣のう腫といった
病気がある女性は病気を悪化させやすいことをご存じでしたか?



夜は、1日動いていた体がメンテナンスをする時間で、
体のメンテナンスをするためのホルモンが働いてくれます。


ところが、ぐっすりねむれないと体のメンテナンスをしてくれる
ホルモンがきちんと働かなくなってしまい、
疲れもとれないので抵抗力が落ちてしまうのです。



女性ホルモンの働きも狂ってしまうので
ぐっすりねむれる生活をしていない女性は生理不順のことが多いです。



私に届いた相談のメールで、
急に腹痛が起きて病院に行ったらチョコレートのう胞で手術したほうがよい
と言われたの女性の話を聞いていたところ、


「ムリな出張スケジュールで夜もろくに寝ないまま仕事をし続けていた」



といった寝不足が続いていた生活をしていたことがわかりました。


婦人科の女医さんが書いている本でも

寝不足は女性ホルモンの働きも狂わせてしまうので
ぐっすりねむれるようなケアをしましょうと

書いてあります。


子宮や卵巣の病気も、ぐっすりねむれないことが続くと悪化します。


かわいい風邪をひきやすいのはぐっすりねむれていないから


冬になると寝不足になったあとに風邪をひいたり、
インフルエンザにかかって重症化してしまうことがあるのも

寝不足で体のメンテナンスがきちんとできないからなのです。


あなたにも「疲れがたまったときにちゃんと眠れなくていつのまにか風邪をひいていた」
という経験がありませんか?


それは、ぐっすり眠れていたなら、かからなかったかもしれない風邪なのです。


私はこのメカニズムを知っていますから、
抵抗力が落ちないようぐっすり眠れるケアをしているおかげで

ここ数年風邪になったのは1回きり。

仕事場でインフルエンザが流行っていてもかかりません。
ノロウィルスがが流行っていてもかかりませんでした。


それでも、以前は寒さからくる冷えで
ベッドに入ってしばらくは足が冷たくてねむれないのが悩みでした。


それも去年からあるアイテムを使うようになったら
寝るときも足が冷えずにすぐにぐっすりねむれるようになりました♪


次回に続きます。


あなたは冬に足の冷えが解消されてぐっすりねむれるようになりたくありませんか?


病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。