ピルで生理が自力でこなくなってしまいました

「ピルで生理が自力でこなくなってしまいました」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2012年10月02日

ピルで生理が自力でこなくなってしまいました

今回はブログに寄せていただいた
「ピルで生理がこなくなってしまった」女性のメッセージを
取り上げていきます。


子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣のう腫などの婦人科の病気で
ピルの治療をしている女性は読んでください。



〜〜〜ここから〜〜〜

ピルのデメリット拝見しました。

まさに、私が該当していて困っております。

もともと、多嚢胞気味ではあったのですが
基本的には1ヶ月に一回生理がきておりました。
たまに2ヶ月とかのときもありましたが。ただ、にきびということもあり、婦人科を受診したところピルを飲めば治る、ピルをやめたらすぐ妊娠できると先生に言われ、信じ、二年ピルを服用しました


今、妊娠希望なのですが、生理が自力でこなくなってしまいました。
他の婦人科を受診し、排卵誘発材を四回使ったのですが妊娠にいたらず、
いまは、整体、ストレッチ、ウォーキングで体質改善を日々しています。


このように、卵巣機能がていかしたばあい、どのような行動をとり、
努力していくことが妊娠力強化につながりますでしょうか。



〜〜〜ここまで〜〜〜


Rさん、ピルの記事に対するメッセージありがとうございました。

個別のアドバイスは有料のサービスとなっておりますので、
メルマガに掲載という形でお返事しております、ご了承ください。



妊娠を希望しているのに、過去にピルを飲み続けていたせいで
生理がこなくて妊娠どころではない

というのはとても焦りますよね。

お医者さんに対しても怒りを感じてしまうことでしょう。



Rさんのように、お医者さんが簡単にピルをすすめて
そのあとのフォローをしてくれずに妊娠希望になったらできなかった

というケースはかなりあります。


そこで、今回はRさんが生理を再開するのに必要なケアをお伝えする前に、


失恋かかるお医者さんを間違うとあなたの人生が狂うこと。

失恋生活を見直すだけで薬がなくても元に戻ることもあること。


についてお伝えします。


ただひたすら同じ薬を使うお医者さんは人生を台なしにされることもある




最近は、ピルを簡単にサプリメントをすすめるような感覚で
すすめる婦人科医が増えているようですが、


私がお医者さんと仕事をしていた経験から言えることは、


「その患者さんの症状がでている原因を考慮せずにただ薬を処方しているだけ」のお医者さんもいらっしゃるということです。


妊娠を考えてピルを処方する場合は、
ある程度体調がよくなったらストップしたり、
薬を変えるお医者さんを私なら選びます。



こういう調整をしてくださるお医者さんならよいのですが、
あんまり先のことを考えずにひたすら同じピルを処方するお医者さんに当たったら、
そこは二度と行かないようにしましょう。


Rさんのように、いざ妊娠しようと思っても妊娠できなくなります。


つまり、お医者さんの見立て、薬の処方の仕方であなたの人生が狂うのです。



早く寝るだけで「うつ」が治る?


最近の精神科では、簡単にうつの診断をして薬を出すだけの
お医者さんもいることが問題となっているようです。


朝になると吐き気やめまいがしてだるいという男子中学生は
精神科で「うつ病」と診断され、うつの薬を処方されます。


ですが、数か月続けてもよくならないのでほかの精神科へ行きました。


この精神科の医師は、男子中学生の症状が9月に出始めていることに着目し、

「夏休みで夜遅くまで起きていた生活を続けているから調子が悪いのかもしれない」


と、中学生に早寝早起きを指導したところ、男子中学生の症状は治ってしまいました。


このように、お医者さんによっては、
ちゃんとその患者さんの生活とからめて診断してくれる人とそうでない人がいます。



私にも「生理がこない」というご相談が多いですが、
生理がこなくなった時期になにがあったかがわかれば原因はだいたい予想がつくものです。



中3の11月から生理がこなくなった女子高校生(1年生)は、
高校受験のストレスが原因だとすぐに推測できましたので、

生理がくるためのアドバイスをしたらちゃんと生理がくるようになりました。


このように、その症状が出た時期になにがあったのかがわかれば
すぐに解決できることはたくさんあるのですが、
そこまで考えてくれるお医者さんを探すのが難しいのが現状です。


あなたも、Rさんのように
「ただひたすら同じピルを処方されている」ようならばほかの病院へかかることも必要です。


子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣のう腫がある女性はピルの治療もしている女性が多いでしょう。


同じピルをひたすら飲み続けていると


妊娠希望の女性は、妊娠できなくなる可能性を高めます。



妊娠希望でない女性も、そのまま生理がこなくなり更年期になってしまうことがあります。


私、めぐみは私自身もピルの副作用で体調をくずして大変な思いをしました。

だからこそ、あなたには同じようにピルでツライ思いをしてほしくありません。



では、ピルを飲み続けてしまったために
生理がこなくなった妊娠希望のRさんへの生理がくるための

私からのアドバイスを次回にお伝えします。


あなたは薬を飲み続けなくても体調がよくなりたいと思いませんか?

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。