目薬いらずの目の疲れ・かわき(ドライアイ)対策

「目薬いらずの目の疲れ・かわき(ドライアイ)対策 」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2012年03月10日

目薬いらずの目の疲れ・かわき(ドライアイ)対策

目の温めケア




目が疲れているとき、かわいいてドライアイのようになっているときのどちらにも共通しているのは、目の血流が悪くなって栄養と水分が不足していることです。

目にたっぷりの栄養と水分を運ぶのは血管を流れる血液ですから、目と目のまわりを温めて血液がたくさん目に運ばれるようにしてあげましょう。


お花に水をあげるときは「花」の部分には水をかけないですよね?


花がきれいに咲くためには、水を吸う茎の部分に水がくるようにするのと同じで、
目の表面だけに目薬をするのではなく、
目に水分を与えている血液の流れをよくするのがポイントです。
花の水.jpg


【目の温めケア】


ぬらしたタオルを電子レンジで40秒〜1分加熱して蒸しタオルを作ります。
やけどしないようにビニルに入れて少し冷ましてから目にあてます。

6分〜8分間あてておきましょう。

イスに座って、顔を少し上にむけて口をポッカリあけながらやるのとなおよいです。
口をポッカリあけると、顔の筋肉がゆるむので目の疲れでこっていた顔の筋肉をほぐすことができるんですよ。


私は、ホットタオルだとすぐに冷めてしまって6分持たせるのが大変なのでで、
ホットタオルと同じく蒸気が出て、目に浸透していく効果がある
「あずきのチカラ」を使って温めています。



タオルだと洗濯する必要がありますが、「あずきのチカラ」なら
洗濯の手間もなく繰り返し使えるので便利ですよ。

目に蒸気をあてられるグッズもありますが、
試してみたら「あずきのチカラ」のほうが蒸気であたたまる感じがして気持ちよかったです。

「あずきのチカラ」なら1,000円でおつりがきますから
1万円以上するグッズを買うよりリーズナブルです。


↓「あずきのチカラ」を使ってみた感想
http://phnroom.sblo.jp/article/33226365.html


☆仕事中でもできる目の温めケア

仕事でパソコンを使うときは、なるべく50分パソコンを使ったら10分目を休めて違うことをしましょう。

休憩時間では、目を閉じて手のひらをあてて5分くらい温めてあげると目の疲れもやわらげます。


目玉のぐるぐるストレッチ




同じ作業をしていると目玉を支えている筋肉がこってくると、
目の血流が悪くなり、疲れやかわきがひどくなります。

1時間に1回は、目玉を支えている筋肉をほぐす体操をしましょう。



【目玉のぐるぐるストレッチのやり方】


パソコン休憩の合間に、目を閉じて目玉をぐるぐるゆっくりと時計回り、反時計回りにまわしてみましょう。

ポイントはゆっくりまわすこと

ストレッチするときもゆっくり筋肉をのばすことでほぐれていきます。

同じように、目をまわすときもゆっくりまわすと
ほぐれて目の渇きや痛みがやわらいできます。


これをやったあとに、首もぐるぐるゆっくりまわしてストレッチしておきましょう。

目に栄養と水分を届ける血管は、首を通ります。
ストレッチで首のこりもほぐしましょう。


あなたの目が傷つかないようにやってはいけないこと




★使い捨てのコンタクトを何日も使わない


使い捨てのコンタクトを決められた日数以上使うのは危険です。

コンタクトについた空気中のほこりが目にべったりついてしまい、そこからバイ菌が増えてしまって目を傷つけてしまいます。


目が傷つくと場合によっては失明することもあるので使い捨てコンタクトの使用日数は必ず守りましょう。



★洗眼液で目を洗う


看護学校のときに教わった眼科の先生は、「あれはよくない」と断言していました。

目を洗う液を専用のカップに入れて洗うと、目の中からでたほこりや花粉が液に流れるけれども、それがまた目に戻ってしまう危険性もあるし、目に負担がかかるだけだということでした。


また、目のうるおい成分になっている油分を液が洗い流してしまうため、かえってうるおいがなくなってしまうこともあります。

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。