シャンプーの恐ろしさを感じました

「シャンプーの恐ろしさを感じました」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2012年02月23日

シャンプーの恐ろしさを感じました

いつも感想メールをいただくEさんから
嬉しいメッセージをいただきました♪





〜〜〜Eさんからのメール〜〜〜

今回のメルマガ、私も励まされました。
また以前にも拝読しましたがシャンプーの恐ろしさを感
じ、自分の無防備さを痛感しています。

一人じゃない、ってとても励まされますね。


〜〜〜ここまで〜〜〜



Eさん いつも感想メールをくださってありがとうございます。


Eさんに「励まされた」と感じてもらえたことが嬉しいです。

私がメルマガを書くパワー源です^^



シャンプーの成分は注意するにこしたことはありません。



とくに、これから結婚して妊娠を希望するなら
パートナーの男性と一緒に

未来のあなたの赤ちゃんを健康に産んであげられるように
シャンプーに限らず、化学物質をなるべく体に入れないようにしましょう。



近年は、生まれた時からダウン症や水頭症などの病気や
障害を持っている赤ちゃんの数が30年前の2〜3倍に増えています。


ぜん息は小学生では30年前の4倍の患者数になっています。



生まれてくる赤ちゃんの数は30年前より50万人ほど減っているのに
生まれつき病気や障害を持って生まれてくる赤ちゃんは増えているのです。


つまり、健康な状態で生まれてくる赤ちゃんが減っているということになります。




30年前より生活が豊かになり栄養状態もいいはずなのに、
どうしてこんなことが起きているのでしょう?



異常事態だと判断した国の機関である環境省は
去年から10万組の母子を対象した大規模なエコチル調査をはじめています。


http://www.env.go.jp/chemi/ceh/index.html


お腹の中にいる赤ちゃんの時期から18歳ぐらいまでの子どもが
化学物質を浴びたり接触したりする環境にいると、


妊娠や赤ちゃんの生まれつきの障害や、こころの発達、
病気を治すための免疫、アレルギーやホルモンに影響があるのではないか

というのを調査します。


赤ちゃんを化学物質の害から守り、
健康な体で生まれ、健康に育つためには
なにをしたらいいのかを探る調査です。


女性は、赤ちゃんをお腹の中で育てるのでもちろんのこと


現代の男性も昔の男性より精子が少なくなっていて
不妊になるケースがあります。


化学物質は、環境省が公開している調査では
わたしたちの体の中にもごく少量入っていることがわかっています。


そして、妊婦さんだとこの数値が低いのです。
これは、妊婦さんの体にある化学物質が赤ちゃんへ移動しているからだろう
というのが調査をした医師の意見です。


この調査を読んで、
化学物質が体に入っているというのは怖いことだなと思いました。



大好きな人と結婚して赤ちゃんを生みたい
その赤ちゃんは健康であってほしい


もちろん、もうすでにお子さんがいる方も
お子さんが化学物質を浴びたり、体に入るような機会は少ない方が
アトピー、ぜん息、花粉症などにもなりにくいです。




大好きな人との赤ちゃんを健やかな体で産んであげたい
子どもたちをアレルギーから守ってあげたい


その思いを叶えるためには、あなた自身の体に
化学物質をなるべく入れないことなのです。



私は手荒れがひどくなる食器用の洗剤も
化学物質がたくさん含まれているため、重曹を使って食器を洗います。



シャンプーも経皮毒の分野で危険だとされている化学物質が
少ないものを使っています。



あなたの体を化学物質から守ってあげたいと思いませんか?



http://phnroom.sblo.jp/article/32685393.html






めぐみ



追伸


「こんなはずではなかったのに...」

病気に対する不安と焦りばかりの日々から抜け出せずにいるなら


水無昭善先生のお話を直接聴いて
心のデトックスをしてみてください。



3月4日(日)水無昭善先生の講演会@池袋


https://www.viral-manager.com/aff/20315/544/


私が感動した言葉

「できなかった自分を責めるより できたことを褒めてあげなさい」

(引用元:『つらい時は、「やってらんな〜い」って叫べばいいのよ』水無昭善著)

チョコレート嚢腫の手術をする前に知っていたら
なにか変わっていたような気がします。


posted by megumi at 00:00 | Comment(0) | 体質改善>経皮毒

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。