大掃除と生理痛

「大掃除と生理痛」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2011年12月13日

大掃除と生理痛

大掃除の季節ですね。


気合いを入れてやる人、しぶしぶやる人
それぞれでしょう。


私は後者です。


もともと掃除は苦手なものの、ダストアレルギーがあるので
しぶしぶ掃除をします。


でも、大掃除をするといっても、タイミングややり方を間違うと生理痛が悪化します。




大掃除では、家中のガラス窓を拭きをすると、
腰を痛めてしまうことが多くなりました…



20代後半からはもう無理は禁物。
30代になったらとにかく腰のケアは大事!


とくに生理がくる前の1週間くらいのときに
腰を痛めてしまうと、生理が遅れたり、
生理痛がひどくなることがあります。



知っていましたか?



腰には骨盤があり、骨盤の中に子宮があります。

生理痛は、子宮が収縮…縮むときに痛みが起きます。


腰を痛めると、
骨盤の周りの筋肉を痛めるので、血流が悪くなり、
生理の血が流れづらくなります。


流れづらい生理の血をなんとか体の外に出そうとして、
子宮はいつもの倍の力で縮もうとします。


まるで、なくなりかけた歯磨き粉を必死でだそうと
手でぎゅぅぅぅっと歯磨き粉を押すように。

そうやって、子宮がものすごく力を使って縮むので、
生理がひどくなるんです。



私も生理がもうすぐ来そうなときに窓掃除をしてしまったことがあり、
腰を痛めてしまって、生理痛がひどくなったことがあります。


…窓掃除やりたくない…



生理痛の痛さにうんうん唸りながらそんなことを思いました。



それでも生理が予定通りくるならよいのですが、
あまり腰に負担をかけると、骨盤の中の子宮や
生理を起こす卵巣もびっくりして
生理の予定が狂うこともあるんですよね。

そうなると生理が遅れることもあります。



そうはいっても大掃除をやらないのも気持ち悪いので、
次の年からは腰を痛めない窓掃除スタイルにしましたよ。



【大掃除で生理痛がひどくなるのを予防するコツ】


コツ1

生理の予定日の前1週間はなるべくやらない
とくに予定日の前日と前々日はやるべからず




コツ2

掃除をするときは、仙骨(お尻の割れ目にある出っ張った骨のあたり)に
ミニホッカイロを貼ると、掃除中に腰を冷やさないで済む

※注:大きいホッカイロだと温まりすぎて汗をかいてしまうので
ミニのほうがちょうどいいです。




コツ3

上の服はフリースを避ける。通気性がよい服にして、汗をかいたらすぐに拭く。


私はスポーツ用の通気性と吸水性がよい長袖Tシャツを着るようにしています。

以前、フリースを着てやっていたら、通気性と吸水性がないため、
ものすごく汗をかいてしまい、その汗が冷えて
背中をものすごく冷やしてしまい、腰がずいぶん痛くなりました。


以来、冬でも掃除をするときはスポーツ用のTシャツを来ます。

そして汗をかいたらすぐに拭くようにして体が冷えないように注意しています。


ただ、いくら掃除で動き回って温かくなるといっても
女性は足首に筋肉がないので冷えやすいです。

足首には生理痛のツボがありますから
冷やさないようにレッグウォーマーなどをつけておくといいですね。





大掃除は1時間やったら10分休憩する


といったように休憩を入れながらやりましょう。


終わったら、濡らしたタオルを電子レンジに1分入れて
ホットタオルを作り、
やけどしないようにビニルに入れて腰を温めておくと
より腰を痛めなくてすみます。



あなたも腰を大事にする大掃除に変えてみませんか?






健康 裏話



知り合いの整体師さんいわく、
大晦日あたりには必ず

「ギックリ腰なんですけどなおせませんか?」

という電話が3件くらいはくるそうです。

お店は休みしていてまさに大掃除中で使えないのでお断りするそうですけど。

大掃除をしてギックリ腰になる

というのは侮ってはいけませんね。


大掃除をするときも自分の体を大事にしてあげましょう







病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。