カルシウムを減らす食事を避ける

「カルシウムを減らす食事を避ける」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2011年07月05日

カルシウムを減らす食事を避ける

体質改善になる食事として、乳製品は避けましょうというテーマを数回続けてきました。


婦人科の病気がある女性の場合はとくに乳製品には注意が必要ですから。

理由→http://phnroom.sblo.jp/article/37822570.html


その感想メールの1通をご紹介します。




〜〜〜〜ここから〜〜〜〜

今回の方のご質問、私も同じことを思っていたので 嬉しかったです。。
かくいう私もカルシウム摂取のため 乳製品を
せっせと食べていたのですが めぐみさんのブログを読んで以来、ほぼ乳製品はとってなかったので若干心配しておりました。
でも 杞憂でした。安心しました、ありがとうございました。

〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜



Mさん!感想をいつもお寄せいただきありがとうございます!


Mさんのほかにも、「乳製品をとらなくて大丈夫かしら」というメッセージをいただきます。




あなたは疑問を解消できましたか?





といっても、乳製品を食べたいのであればそれは個人の自由な選択です。
ただ、自分で選択したことは、自己責任であることは忘れないでください。




そして、

「乳製品をとっていればカルシウムは安心だ」と思っていても、
実際に骨密度を測ってみなければ、本当に自分のカルシウムが乳製品で足りているのかなんてわかりません。


実際は、乳製品を食べていてもカルシウムが骨になっておらず骨密度が低い女性もいます。




自分の骨密度を測ったこともないのに
「乳製品を食べているからカルシウムは大丈夫」だと思っているのはただの思い込みなので、

乳製品だけに頼らず、海藻類も食べるように努力しましょう。




それから骨のカルシウムを減らす食事をしないことも重要!



女性がよくやりがちなのが、


缶詰のフルーツたっぷり砂糖も入っているヨーグルトをヘルシーだと思って食べていること。





私も学生のときはたまにやっていましたので人のことは言えませんが(苦笑)





この食べ方だとヨーグルトのカルシウムをとっているようであまりとれていません。



なぜなら砂糖が多すぎるから。



砂糖が多いと血液が酸性に傾きやすくなります。



それを防ぐために、体は中和しようとするのですが…



その中和に使うのが「骨にあるカルシウム」です。



カルシウムは骨にしかないと勘違いしている方も多いですが、
血液中にもあって、いろいろな働きをしています。



ところが、血液が酸性に傾くと血液中のカルシウムの働きだけでは足りないので、


骨からカルシウムを溶かして血液に運んでくるのです。




そして、カルシウムは血液が酸性にならないようにと活躍してくれます。




しかし!



骨からカルシウムを溶かしているので、骨のカルシウムが少なくなります。



これは虫歯でもわかりますよね。




砂糖、とくにショ糖は歯を溶かす酸を発生させます。


そのため、四六時中ショ糖を食べていると、口の中に常にショ糖があるので酸が発生し歯が溶けやすくなり虫歯ができるのです。




保健師が、乳幼児健診でおやつにアメを食べさせ過ぎないように指導するのはこのため。


アメをずっとなめていると口の中が常にショ糖があるため、子どもの歯はとけやすく虫歯だらけになってしまうからです。


アメは食べても1個。
食べたら、口の中のショ糖を洗い流せるよう歯磨きやうがいをするよう指導します。


歯も骨。


そして、これは体の骨ならみな同じ現象が起きるということ。



缶詰のフルーツたっぷり砂糖も入っているヨーグルトも
砂糖が多いので同じことが起こりやすいのです。



フルーツはフレッシュな状態ならよいのですから、缶詰は砂糖の量がとても多いし、
加熱によりフルーツ本来のビタミンやミネラルが減ってしまっているので、「甘い食べ物」です。


そしてヨーグルトもプレーンならよいのですが、砂糖を入れてあると砂糖を処理しなくてはいけないので、とくにビタミンBも多く消費します。


これでは、カルシウムをとっているようでも、砂糖を消費するのにカルシウムやビタミンを多く消費してしまって果たしてどれだけ意味があるのか疑問です。




カルシウムを気にするのなら、カルシウムを減らす食べ物にも気をつかって上手に体質改善していきましょう。

私はひじきごはんが簡単手間いらずなのでよく作ります。


http://phnroom.sblo.jp/article/32322977.html

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。