ピルの治療の体験談

「ピルの治療の体験談」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2010年04月15日

ピルの治療の体験談

婦人科の病気の改善としての体質改善をするのに
ピルを使っていると体が本来もっている病気を退治できる免疫力のバランスが悪くなります。

ピルは人口薬であり副作用もあり
妊娠希望をしている女性にとっては使えない薬ですから
私はピルを使うことに関しては賛成意見は述べません。

私自身ピルでひどい目にあったこともありますし
体質改善のためにできることはほかにもあるからです。


ただ、これはあくまでも私の意見なので
コレを読まれている方は自分でしっかり判断してください。


今までお話したピルの副作用

http://phnroom.sblo.jp/category/892833-1.html


といっても実際はどうなのだろうという思いもあると思います。


実際にピルを使った体験でわかりやすいものをいくつか調べてみました。


全体的なプラス評価は生理痛が改善しやすいということです。

変わらないという意見もあります。

ただ、ここで勘違いしてはいけないのは、
ピルは排卵をおさえるので排卵のあとにやってくる生理自体が
起こらないのですから生理痛がないのは当然なのです

みなさん生理がおきているけど生理痛がなくなったという誤解をしていることが多いですが、排卵を止めているので生理は起きてません。


ただ、ピルを飲むと消退出血という出血は起きます。


ピルは28日(4週間)周期で使い、3週間分ピルの成分があるものを飲んだら最後の1週間は偽薬を飲むのがよく使われるパターンです。
偽薬はわざわざ飲む必要はないのですが、4週間というサイクルをくずさないためにわざと入れてあります。

この最後の偽薬のときに、ピルに含まれるエストロゲンという女性ホルモンの量が少なくなることで子宮の内側の膜がちょっとだけはがれるような出血が起きます。


この現象をみなさんそれを生理だと思ってしまうようですが
医学的には生理(月経)という分類にはなりません。


排卵がないため通常の生理の出血ではないですから生理痛の生理とは別物なのです。


それをふまえて以下の体験談を下のほうまでじっくり読んでみたください^^
ピルが合う合わない両方の意見を知ることができます。


http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0726/195824.htm?o=0


ピルを飲んでいても状態がよくない例


http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0404/305956.htm


ピルでうつっぽくなった例

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0402/305590.htm



じゃあピルに頼らずにいるためにはどんなことをしたらいいの?


というところを次回に^^

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。