ピルで多い相談

「ピルで多い相談」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2010年04月05日

ピルで多い相談

さて、今日は相談が多いピルのお話します。
子宮や卵巣の病気があると治療のひとつとしてピルを使います。



使ったことありますか?




子宮や卵巣の病気で苦しまされ、
生理痛や月経前症候群や
そのほかに頭痛なんかもある方は


体質改善を切に願われていると思います。



ならばピルに頼ろうとは思わないほうが
体にも子宮にも卵巣にもやさしいです。



私のところへ相談されている方にも
いちおうピルを使う方法もありますが、
なるべく手を出さないでくださいとお話しています。




なぜならば、私自身がとても嫌な思いをしましたし、
妊娠やパートナーとの性交に関わる副作用でものすごく悩んでいる方からもメールがきて
ほんとに体にやさしくないなと実感しているからです。


そこで、今日から数回かけてピルのお話をしていきますね。



今日はピルの基礎知識と私が今まで感じたその効果の手ごたえについて。



ピルはどんな作用があるのかというと、
女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを合成したもので、
体が妊娠しているときと同じホルモン状態になります。


妊娠している状態と同じホルモン状況だと
排卵をしないので妊娠しない、つまり避妊効果があるわけです。


また、排卵がなければ生理が起こらないので生理痛の緩和になります。


そして、婦人科の病気に関しては進行を遅らせる効果があるとされています。


子宮内膜症、卵巣のう腫、子宮筋腫は、
排卵が起き、生理がくると悪化していきます。

だから、排卵を起こさなければいいではないか


という理屈から排卵が起きないピルを使うのです。


では実際にピルを使うと婦人科の病気はどうなるのでしょうか?




私が今まで相談にのってきた体験と
mixiのコミュなどで見ている意見を総合すると


ピルは排卵が起きないので婦人科の病気がなくてもあっても
生理痛にはよいという意見が多いです。


私には副作用が強く出てしまい
まったくもって役に立ちませんでしたけども。



じゃあ、生理痛には助かっているようだけれども
子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣のう腫などの
病気自体は改善するのかな?という視点でみると、



私が今まで相談にのってきた体験と
mixiのコミュなどで見ている意見を総合すると


「ピル代の無駄」だなと思います。


私は副作用がでてしまって婦人科の病気が改善するとか以前の問題だったのですが、

相談のメールはいちように「ピルを飲んでいても手術の話になってしまいました」
というものばかり。


mixiのコミュでもピルの副作用に悩む意見がこれまたごまんとあります。
なのに病気は改善してなくて「どうすればいいのでしょう??」
と不安な声もごまんとあります。



あげくのはてには、
「副作用で性交痛があるし性欲減退して
赤ちゃんがほしいのにパートナーとの仲も悪くて困っています」


なんて悲痛なメールも届きました。



…もう、私、このメールには涙ぐみました。
辛いなって。


頑張って薬を飲んだ結果がこれなんて
いたたまれません。



こんな現実をたくさんみてきた私としては、
このメルマガを読んでくださっているみなさんには

こんな思いをしてほしくありません。




生理痛の緩和には役立つだろうという認識はありますが、
とくに妊娠を希望されている場合には断固使うべきではないと思っています。



ピルを使わなくたって、

湯たんぽで下腹部を温めるようにすれば生理痛は緩和できます。



病気の細胞が育たないようにそれを退治できる免疫細胞が
強くなる生活や、食事をしていればおのずと悪化していくことを予防できます。



わざわざ超絶に混んでいる婦人科で
半日以上かけて3分診療で終わって
やっとお金を払ってピルを受け取るなんて

時間とお金をかけなくたって
体質改善でできることはあるのです。


それがメルマガ登録時に紹介している
スペシャルメニューです。

メルマガ登録
http://pearllife.sakura.ne.jp/sblo_files/phnroom/image/mailmaga.html

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。