体質改善だってやらなければ意味がない

「体質改善だってやらなければ意味がない」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2010年02月24日

体質改善だってやらなければ意味がない

私の子宮内膜症が発覚したとき、
私はまだ体質改善で内膜症を悪化させない知識を持ち合わせていませんでした。

内膜症がわかったとき卵巣のう腫の状態でもあって、
そのころは生理痛が冷や汗がでるくらいひどかったです。


「なんでこんな目に遭うんだろう」



生理が来るたびにそんな恨み言をつぶやくようなりました。

仕事も休むようになって、
「また?」と言われると
とても腹が立ちました。


私はすっごく痛い思いをしているのに!って。


そうこうしているうちに卵巣のう腫が悪化して
卵巣の手術をすることになって…



手術は成功したのに血圧が下がりすぎて死にかけました。




血圧下がりすぎると目があけてられないんですよ。


「目の前が真っ暗になる」って本当だったんだ…


と遠のく意識。


苦しくて息ができない…
息をしようとするとお腹の傷が痛くてうまく呼吸できない…



でも、横で、付き添っていた母が危険を感じて
必死で私の名前を呼ぶんです。




その声を聴いたら、
「頑張らなくちゃ」って思って
お腹が痛いのに必死になって呼吸しようとしました。










そして、もうあんな思いはしたくない!
絶対に手術なんかしたくない!


そう思いました。





体質を改善することで悪化を予防できるなら
できるうるかぎり
やれることはやって手術なんか絶対にしない!!




そう決心して
体質改善について学び実践しています。


その甲斐あって、27歳のときに手術して以来、
薬をまったく使用せず、
悪化することもなく再発もしないで過ごせています。


あのとてつもなく嫌な婦人科の検査も
1年1回定期的にみてもらう程度で済みました。


なんて快適なんだろう!!


今はそれがとてもうれしいです。



卵巣や子宮の病気があっても
まだ手術をしない段階でいられるのなら
手術をしなくてすむために


できることはあります。



なぜそれをしないのでしょうか?



やらなければ悪化するのは当然です。


だって、病気になったのには今までの生活やストレスが大きくかかわっているから。



だったらそれを変えていかなければ
何も変わらないですよね?




子宮内膜症によくないシャンプーを変える
湯たんぽで下腹部を温めてみる



みんな自分で自宅でできることです。


あとは自分で実践するかしないか



選ぶのはあなた自身です。



http://phnroom.sblo.jp/article/34939131.html

posted by megumi at 16:29 | Comment(0) | 体質改善>体質改善とは

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。