シャンプーに入っている毒成分とは?

「シャンプーに入っている毒成分とは?」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2009年12月04日

シャンプーに入っている毒成分とは?

今回は、経皮毒の研究分野でも子宮内膜症と関係が指摘されているシャンプーについてのお話です。


体質改善をしたいなら、
シャンプーは必ず見直さなくてはいけないものです。体質改善して婦人科の病気を改善するには、
病気の細胞を退治する免疫細胞を活性化させてあげることが近道です。


いわゆる免疫力を高めるということです。


そのためには、免疫細胞の活動が弱まっていしまう慢性的な冷え症を改善する必要があります。


これはしっかりと覚えておいてくださいね。


では、シャンプーは免疫細胞の活性化とどういう関係があるのでしょうか?



それは…

シャンプーに含まれる毒成分と関係があります。


現在の市販されている主なシャンプーのほとんどにはこの毒成分が入っているため、それが頭皮から吸収されて子宮や卵巣にたまり、病気を悪化させてしまうのです。


そして、病気を悪化させるだけでなく、血液中を流れるため、免疫細胞も弱ってしまうのです。



といっても、シャンプーの毒成分なんてピンとこないですよね?


そこで、ある実験の写真をご覧いただきましょう。


http://www.asyura2.com/kaminoke.htm


※↑をクリックして下のほうにスクロールすると画像があります。
ちょっと苦手な方はごめんなさい。


シャンプーには↑のホームページの写真のようになる成分が含まれています。


それが、台所用洗剤などにも使われている「合成界面活性剤」と呼ばれる成分です。


いくらよい食事をしても、この毒成分を浴び続けていることには体質改善できるものもできません。

そんな成分なのです。
posted by megumi at 00:00 | Comment(0) | 体質改善>経皮毒

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。