乾燥肌のお手入れ:顔編

「乾燥肌のお手入れ:顔編」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2009年09月29日

乾燥肌のお手入れ:顔編

今回は乾燥肌のお手入れ「顔」編です。


乾燥している肌はとにかく保湿を定期的に行ってあげることが大切です。

保湿剤をたっぷり使っている場合でも、
日中のエアコンや風などの影響で肌は乾燥しがちになりますから、
日中でもこまめに保湿してあげましょう。


保湿してあげることでだいぶ改善できるケースもあります。


とにかく保湿です!!



私は化粧品のアレルギーがあるので基本はスッピンですが、
携帯用の化粧水を持ち歩いてよくスプレーしてます。



夏でもエアコンで意外と乾いています。



冬は暖房でもっと乾燥するので、できれば化粧水を持ち歩いてスプレーすることをおすすめします^^


化粧水でもアレルギーが起きやすい私の場合は、

【シルクの化粧水】を使用しています。


シルクの成分は保湿効果も高いですし、
成分によけいなものが少なければアトピーさんでも使えますよ^^


>>
シルクの化粧水お試しセット
もあります^^



また、1週間に一度くらいは、
洗面器でできるスチームケアをするとグット!!




1.夜の場合は洗顔後 洗面器にお湯を入れる
2.お湯の蒸気に顔を5〜10分くらいあてる
※アロマオイルをたらして香りでリラックスするもよし

3.ぬるま湯でさっと顔を洗い、化粧水などで保湿




アロマオイルはローズやローマンカモミール(敏感肌)がおすすめです☆

お試しくださいね^^



なお、肌が乾燥するトラブルは乾燥する季節になるともありますが、
女性では女性ホルモンの影響を受けていることもあります。

ほかに甲状腺の病気や精神的な影響があり、皮膚だけのケアでは治らないこともありますから、あまりにも改善しない場合は一度女性外来やホルモンの病気に詳しい内分泌科・婦人科などを受診してみましょう。





病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。