乾燥肌のお手入れ:ボディケア編

「乾燥肌のお手入れ:ボディケア編」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2009年09月28日

乾燥肌のお手入れ:ボディケア編

気候が秋めいてきました。

私もけっこう肌の乾燥を感じます。
ノドも乾燥していたくなりやすいです。


肌が乾燥してくると、バリア機能が落ちて皮膚のトラブルが起きやすくなります。


アトピーやじんましんなどなど。

軽い症状ならよいですが、ひどくなると出血するようなことになり肌に傷が残りますから要注意。


とくに、お風呂でのボディケアは注意が必要で、

「ゴシゴシ」こするのは絶対に禁止!!です。


これは皮膚トラブルがない人でもそう。

体を洗うときにナイロンタオルなどでゴシゴシこすると、かえって皮膚を傷つけてしまい、シワやたるみに原因にもなります。
じんましんやアトピーがあるならなおさら刺激は強いし、傷付きやすいのでNG。


できればよ〜く泡立てて、泡を手につけて手でやさしく滑らせるほうがよいです。
背中に手が届かない><

という人もいますが。
毎日やっていれば届くようになるのでよいストレッチにもなります。

「体のゴシゴシ洗いは禁止!!」


ですよ?



ちなみに、女性医療の取り組みで有名な対馬ルリ子女医監修の皮膚のトラブルが治らないときの本 では、30歳を過ぎたら毎日体を石けんで洗う必要はないとありましたね。


これにはびっくり。


皮膚トラブルに悩んでいる人は皮膚のトラブルが治らないときの本 読んでみるとためになりますよ^^

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。