ぜん息発作の季節に薬より頼れるもの

「ぜん息発作の季節に薬より頼れるもの」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2009年08月26日

ぜん息発作の季節に薬より頼れるもの

涼しくなってきましたね〜

とくに朝!!
寝苦しくなくていいのですが、今朝はやってきましたよ、
ぜん息の予兆。


ぜん息は季節の変わり目で気温差が激しい時期の朝に発作を起こしやすいのですが。


今朝起きたら
「あ、気管が細くなってる」と思いました。

ぜん息って喉から肺までをつなげている気管という空気の通り道が狭くなって発作を起こすわけです。

私の場合は大きな発作は起こしませんが、
気管が狭くなってちょっと息苦しい状態なことはよくあります。

気管が細くなって狭い状態だと、
なんかこう息苦しい感じとか、詰まったような感じがするのです。
ひどいと呼吸がしにくくなりますけど。


そして、呼吸音が「ヒューヒュー」になるのがぜん息ですが、これも小さくでることがあります。


今朝は「ヒュー」っていきそうな感じの息ぐるさで。


ああ、季節の変わり目だなぁと再認識。


のどもなんとなく詰まった感じがするので、これは油断すると気管支炎起こしそうだなと予測して、今日はハーブティを飲んだり、ユーカリのアロマオイルで香りをかいでいました。

普段は薬を使うまでもない程度ですが、
新型インフルエンザで重症化しやすい人の条件に「ぜん息」とあったように、ぜん息の人は風邪とかひいたら気管支炎から肺炎へのフルコースになりやすいのです。
それがインフルエンザとなったら、もう重症化しやすいのなんのって。

入院することになりかねません。
入院費って何万もするのでやってられない出費ですしね。


そこで、ぜん息を悪化させないように私が使っているのが、ハーブティとユーカリのアロマオイルです。

休憩時間は体を温め殺菌効果もあるハーブティを飲んで代謝をよくし、
殺菌作用と鎮静効果があるユーカリのアロマオイルをティッシュにたらしてデスク脇において軽く吸入します。


そして、食事はとにかく和食!
マヨネーズは禁止です。


そして睡眠時間は可能な限りたっぷりとること!


これで悪化することはないですねー私の場合。
大きな咳発作を起こしたときだけ薬を使う程度で済みます。


ユーカリオイルは花粉症の鼻づまり対策にも活躍するので、とっても便利です♪

ひとつだけ注意なのは、アロマオイルといっても品質が悪いとかぶれなどの原因になるので、必ず天然成分のユーカリオイルを選んでくださいね★



病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。