女性の性欲減退の悩み

「女性の性欲減退の悩み」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2009年08月07日

女性の性欲減退の悩み

性交痛のお話を書きましたが、性交痛とともに悩みがあるのが性欲減退です。

性交痛の話


「パートナーのためにも性欲減退を治したい!!」


と悩むものの、なかなか相談できずにいたり、どうしたらよいのかわからずに一人で悩んでいる女性もいます。


性欲減退は女性ホルモンが少なくなってくる閉経の時期ではめずらしくないことですが、同じように婦人科の病気で女性ホルモンが分泌される量をおさえる「ホルモン療法」をしていることで起こりやすくなります。



性欲減退に関しては、女性ホルモンとの関係のほかにメンタル的な要素も少なくありません。
カウンセリングが必要な場合も多く、対応できるクリニックもあまりないのが現状。


これではパートナーとのスキンシップ・コミュニケーション不足につながり、女性側にすれば引け目を感じてしまうこともあります。



「どうにかしたい〜><」



とジレンマですよね。



効果が期待できる方法としては、「テストステロン」という男性ホルモンの成分のクリームを使うことです。




更年期以降の性欲減退がある女性が使用して効果があったという記事が読売新聞にありました。


記事→http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20090806-OYT8T00286.htm


ホルモンというのは、さじ加減が難しいのですが、クリームタイプの場合は注射などによる投与よりも量が少なく済むため推奨されているようです。


このクリームをどのクリニックでも処方しているとは限りませんが、電話で問い合わせてみて取り扱っているようであれば相談してみるとよいでしょう。


ただ、性交痛もある場合は婦人科の病気や感染症など性交痛の原因の治療も必要です。


これに関しては
性交痛の話の記事に書いていますので参考にしてください^^


性交痛の話の記事


性交痛について悩みがある、気になることがある方は遠慮なくメールしてください。


生活習慣スタイリストにメールする♪



生理痛や婦人科の病気・性交痛で私のところにメールしてくださる方はなかなか家族やとても悩んでいらっしゃいます。


そんな方でも私がメールを返信すると↓のような返信をしてくださいます。



>今まで誰にも言えなかった事、めぐみさんに聞いてもらえてよかったです。

>早速のご返信,しかもご丁寧なアドバイスに
温かいお言葉,本当にありがとうございました。


>病院に掛かる恐怖心と、精神的に一杯一杯になっておりましたが、
めぐみ様の返信を読み、まずは診察を受ける勇気が持てました

>めぐみさんのメールを読んで泣きそうになりました。
あんなふうに頷いてくれるような言葉はやっぱり嬉しいです。
本当にありがとうございます。



なので、安心してメールしてください^^



もちろん守秘義務は守ります。

ただし、同じ悩みをもっている女性にもいろんな情報をお届けできるように相談事例として個人情報ほかの詳細は伏せてブログやホームページで紹介しますのでご了承ください。


※相談事例の紹介の例

http://pearllife.sakura.ne.jp/soudan/index.html



>>生活習慣スタイリストにメールする♪


病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。