薬は魔法の粉ではありません。毒です。

「薬は魔法の粉ではありません。毒です。」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2009年04月04日

薬は魔法の粉ではありません。毒です。

前回、


モウレツに気持ち悪くなり、
血圧が70/42という数字をたたきだしましたが、


無事治りました。


やっぱりぐっすり寝るのが一番です。


いつもより早く寝ました。

1時間くらい多めに寝ただけで、


翌日はさわやか〜



こんなものです。


薬を飲むのは、薬以外のすべてのことを試してから

というのが私のポリシーでして。


もちろん、仕事中とか、旅行中とか
症状がかなりヤバイときには薬も使いますが、

寝れば治りそうなことには薬は使いません。


なぜって・・・

毒だからです。

薬の成分は、

体の栄養になるわけじゃないです。
まあ栄養剤はありますけどね。


基本的に症状を和らげる作用の薬は毒にあたる成分も混ざっているのです。


毎日毎日飲んでいたらとても危険だってことわかります?


少量の毒を毎日注いで殺人を実行した事件をたまに聞きます。
たしか看護師の奥さんが、夫に対してやっていた事件ですが、

同じように、
毒の成分もある薬を毎日使っていたら?


肝臓には解毒作用がありますが、
許容量があります。


薬の量が多ければ、解毒量の許容量を超え、
オーバーヒートです。


毎日薬を飲み続ければ、
肝臓はひたすら解毒しなくてはいけません。

そう、
それこそ不眠不休で。


薬は魔法の粉ではないのです。


上手に使わなくてはいけません。


毎日飲んでいいものではありません。



生活習慣や
食べ物や
睡眠で

緩和できる症状はたくさんあるのです。


それをしないまま
薬を使い続ければ


毒漬けになってしまうのです。


薬を使うだけではなく、
自分の生活習慣を工夫して
症状をやわらげる方法もあることを

忘れないでください。

posted by megumi at 23:56 | Comment(0) | 雑記>日記

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。