脂肪を燃やすためのダイエット食事術

「脂肪を燃やすためのダイエット食事術」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2009年03月23日

脂肪を燃やすためのダイエット食事術

ダイエットの最強兵器!和食♪

のお話を前回しました^^

→前回のダイエットの話を読む



和食は、脂肪をとりすぎないメニューが多いのですが、
それよりも!!


一度にたくさんの栄養素がとれる素材を使った料理が多い♪



ほうが重要だったりします。


前々回あたりにも書きましたが。


太っている状態というのは、


脂肪が燃やされずにたまっている状態です。


だから


脂肪を燃やしちゃえばいいのです、ようは。


ところが!!


コンビニ食やファーストフードなんかの食事だと
脂肪を燃やすために必要な栄養がとれません!!



お菓子もしかり!!


こういった食事には食品添加物が多いために、添加物の処理をするために大量のビタミンやミネラルを消費します
なのに、栄養分はたいしてないわけです。

これが問題。



で、どうやってこの問題を解決するのかというと、
答えは簡単です。

脂肪を燃やすための栄養をとれる食事をすればよいだけ。



じゃあ栄養のとれる食事ってなに?


というと、「和食」なわけです。

パンにはビタミンはほぼありませんが、白米には含まれています。


雑穀ごはんや玄米にはもっと多くのビタミンが含まれているので、
一膳食べるだけで、たくさんのビタミンを食べられます。



お味噌汁の味噌にはミネラルが多いです。


コーンスープは脂肪分の塊ですが、お味噌汁は脂肪分が少ないのにミネラルがたくさんとれます。
しかも、鉄分や食物繊維が多い海藻類を入れれば貧血・便秘予防対策もバッチリです。


このように!!


ご飯とお味噌汁だけでマルチな栄養成分がとれます。
そして食品添加物が少ないので、食べてもビタミンやミネラルの消耗を減らすことができます。

これが「和食」のすばらしいところ!!


このように体に必要な栄養がたくさんとれるのが「和食」の優秀なところです。

そして、体に必要な栄養がたくさんとれるようになれば、代謝がよくなってきます。
脂肪を燃やすための準備もばっちり!!

になるわけです。

これが脂肪を燃やしてダイエットするために必要なことです。


脂肪を燃やすための栄養をガンガン食べる!



まずは1週間「和食」を続けてみましょう♪







病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。