めまいが楽になるための自律神経のはたらきが安定する横隔膜のびのび深呼吸

「めまいが楽になるための自律神経のはたらきが安定する横隔膜のびのび深呼吸」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2016年01月01日

めまいが楽になるための自律神経のはたらきが安定する横隔膜のびのび深呼吸

めまいが楽になるための自律神経のはたらきが安定するための腹式呼吸です。



「めまいが楽になってふつうに生活できて外出も楽しめたらうれしいな〜」
という気持ちで、体をいつくしみながらやってみてください。


めまいがあるときは寝ながらやってみましょう。



★横隔膜のびのび深呼吸


ここでは、簡単なバージョンの呼吸法をお伝えしますので、

本格的で効果が高い横隔膜を動かす呼吸法は

↓の本の98ページの呼吸法をやってみてださい。



【楽天】
ポイントは横隔膜を意識することです。


横隔膜.png

横隔膜は上のイラストのように、

肺とお腹の中にある内臓の間にある膜で、呼吸をすると動きます。

横隔膜がよく動くように意識しながら呼吸すると、
肺もお腹の中の内臓もよく動くので、

自律神経が出ている背骨周りもよく動いて、
体全体の血流もよくなり、自律神経のはたらきがよくなるにもいいです。

レントゲンの検査を使った実験では、
横隔膜がよく動くように、お腹の動きを意識して深呼吸をしたところ、

お腹の内臓が10cmも上に上がったそうです。

内臓上がる.png

意識して深呼吸をするだけで、
お腹の内臓が10cmも上がるなんてすごいですよね。

10cmも内臓が上がるとストレッチ効果があるので
ウェストのひきしめにも効果もあるのでうれしい
ですよね。


(1)お腹に手をあてて、お腹がへこむのを意識しながらゆっくり息を吐く

お腹のびのび深呼吸1.jpg


お腹から息を吐きだすイメージで5秒以上かけて息を吐いてみましょう。

お腹と背中がくっつくくらいの感じでへこませてみると、
お腹の内臓がよく動いて体全体の血流がよくなりやすいです。



(2)息を吐き切ったら、空気がお腹にたまってふくらむイメージで、息を吸う

お腹のびのび深呼吸2.jpg

お腹に手をあてながら、お腹がふくらむのを意識してやってみてください。

(3)息を吐く→息を吸うのを3〜5回やる



簡単ですよね?

めまいが落ち着いているときも朝夕1回ずつはやってみてください。


お腹が動くのを意識してやると、横隔膜もよく動きます。


お腹の筋肉ができてきて、下っ腹のポッコリもスッキりしてきますよ。



【楽天】

めぐみ
posted by megumi at 09:09 | Comment(0) | 簡単のびのびケア

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。