再発した子宮筋腫がよくなりました♪

「再発した子宮筋腫がよくなりました♪」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2016年06月01日

再発した子宮筋腫がよくなりました♪

保健師のめぐみです。



今日、お読みくださるご縁に感謝します。



6月で、私が卵巣のう腫の手術と子宮筋腫の手術をしてから
まるまる10年になります。


先日、定期検査に行ってきたのですが、

「子宮も卵巣もどちらもきれいで問題ないね。」


と言われて、


「えっ?再発してた子宮筋腫もよくなったの?
やったー!!


卵巣のう腫も再発してなくて本当にうれしい〜〜!!」


と、めちゃくちゃ喜んでしまいました。



再発した子宮筋腫もよくなるなんてめちゃくちゃうれしいです!!




子宮筋腫だと、ピルをのんで
筋腫が大きくならないようにする治療がよくあるパターンですが、


私はピルだと副作用がつらくて使いたくなかったので、
薬なしで定期検査をしてきました。


薬を使わなくても再発した子宮筋腫がきれいになるなんて!!



子宮があたたまるように運動するようになったおかげです!!



以前は、


「食事でなんとか再発した子宮筋腫をどうにかしたい…

漢方も高いけど続けてみようかな」



という感じで、

まったく運動をしない生活で食事でがんばろうとしていましたが、

たいしてよくならず、

「食事でがんばるのも疲れてきた…

漢方も高くて続けるのがキツイ…」

と、本当にしんどかったのです。



あなたは子宮や卵巣の病気のことで食事に気を使って疲れてしまったことってありますか?



今回は、40代前半で、
子宮筋腫や子宮内膜症がある女性から


「今度はホルモン療法が怖いのです。これも乳がんなどの大病リスクがあがるとのこと。
毎年検診はしておりますが

今後ホルモン治療によってさらにリスクがあがるのかと思うと
また不安でしょうがなくなってしまいます。
先生ならホルモン治療うけられますか?」


というメッセージをいただきましたので、

このことと合わせて私が再発した子宮筋腫のためにやってきたこともお伝えします。



あなたはホルモン療法についてどんなイメージがありますか?



Tさんからいただいたメッセージ







〜〜〜ここから〜〜〜


いつも励ましていただいてありがとうございます。

4●歳(先日誕生日がきてしまいまして)
子宮筋腫・子宮内膜症もちで月経が長引くでご相談させていただいたものです。
いただいたメッセージでは涙がでる思いで拝見させていただいております。


今月はとうとう40日たっても生理がこなくなってしまいました。

出血が長引くのも怖いのですが
ないのも恐ろしく、これが閉経なのかと不安におもっています。

のぼせやむくみ、いらいらもあるような気がして気分もまいっております。


また婦人科にいかなくてはならないのですが
今度はホルモン療法が怖いのです。

これも乳がんなどの大病リスクがあがるとのこと。


私は出産はしましたが、まったくといっていいほど
お乳があげられませんでした
(なぜなら震災の数日前の出産だったからでしょうか。何度かトライしましたが鬱状態になり、ミルクに変えたのです。)


そして高齢出産。もともと乳がんリスクはあります。


毎年検診はしておりますが
今後ホルモン治療によってさらにリスクがあがるのかと思うとまた不安でしょうがなくなってしまいます。


先生ならホルモン治療うけられますか?


〜〜〜ここまで〜〜〜



お誕生日おめでとうございます。



お子さんを産んだが東日本大震災のときであれば、
ストレスで母乳がでなくなってもおかしくはないので、


あなたが悪いとかそういうことではないと思いますよ。



それでも、赤ちゃんのために母乳を出そうとしたのはよくがんばりましたね。




熊本や大分の地震でも授乳中のママさんがストレスと寝不足で
母乳がでなくなっているため、

助産師さんたちが専用の避難所を作り、
ママさんたちの母乳がでやすいようにケアをしているくらい、
大きな地震があったときは母乳がでなくなるのはふつうのことなのです。




また、母乳がでなかったからといってそれが乳がんになりやすいわけではないので
そこを不安に思っても意味がありません。



母乳のことを気にするよりも、
そもそも乳がんになりやすいリスクがあるわけですから、

乳がんになりやすいリスクが多い生活をしないことが乳がん予防になります。


乳がになりやすいリスクが多い生活については日本乳がん学会で解説しているページがあるので読んで自分で勉強してください。



http://jbcs.xsrv.jp/guidline/p/guidline/g1/





女性ホルモンについてお話を戻すと…


「今度はホルモン療法が怖いのです。」


ということでしたが、



なんの治療のために女性ホルモンを使うとあなたは思っていますか?



更年期の症状がひどい場合には、たしかに女性ホルモンのお薬を使うこともありますが、


子宮筋腫や子宮内膜症がある場合、
女性ホルモンのお薬を使うのは悪化するので、


子宮筋腫や子宮内膜症があるなら
更年期症状がでているといってもすぐに女性ホルモンを使うとはかぎりません。


ピルを使う方が安全でしょう。




あなたがなんの治療のために女性ホルモンのお薬を使うのを恐れているのか
メッセージを読んだ感じでは私にはわからなかったのですが、


子宮筋腫や子宮内膜症があるなら、むやみに女性ホルモンを使ったりしないはずなので、
病院の先生にも相談しててください。





子宮筋腫や子宮内膜症があると、
生理の出血量が多くなり、生理の日数も長引いてしまいがちなので、
ずっと続くのはつらいですよね。



こういうときは、
病気になっている子宮があたたまるように体を動かしたり、
骨盤の動きが良くなるように体を動かすと

生理が元に戻る女性が多いので体操メニューをお伝えしました。


でも、どうしても生理が長引くようになら
貧血の心配もありますので、
ピルを使って筋腫による出血が長引くのをおさえることを試してみるのも1つの方法だと私は思います。




ご質問に

「先生ならホルモン治療うけられますか?」


とありましたが、


子宮筋腫や子宮内膜症で女性ホルモンは使わないはずなので、
そもそも女性ホルモン療法を受ける話にはならないですから考えないです。



更年期で女性ホルモン療法を受けるかどうかについては、



40代で生理の間隔があいたり短くなったりするくらいなら
それは体の老化現象としてふつう
のことなので、

ひどい更年期症状が出ていなければ女性ホルモン療法を受けようとは思わないです。


私の場合は運動で体の血流がよくなれば更年期の症状も少しはやわらぐことを知っているので、
更年期症状がでたらまず運動を試します。



私は子宮筋腫が再発して6年経ちますが、
食事をがんばるより子宮があたたまるように1日5分でもいいから運動するようにした結果、


今年の定期検査で「子宮もきれいだよ」と筋腫がきれいになってくれました。


「再発した筋腫が良くなるなんてうれしい〜〜〜!!


子宮があたたまる体操をしてきてよかった!!


子宮ちゃんも頑張ってくれてありがとう!!」


と、とても嬉しくなり、子宮ちゃんにも感謝でいっぱいの気持ちになりました。



食事と体をあたためることでも筋腫がよくなる女性もいますが、
私の場合は筋腫の手術をしても再発したのですからもう悲しかった…




でも!!


「お腹がいつも冷えていたのは運動不足の生活だからだったんだ」



と気づいてからは、


子宮も卵巣もあたたまるように毎日5分でもいいから運動するのを続けるようになりました。




食事も暴飲暴食にならないように気を付けてはいましたが、
あんまり気にしすぎて疲れてしまったので、

適度に気を付けるぐらいで


とにかく子宮があたたまるように体操をすることをがんばりました。



その結果、再発した子宮筋腫がよくなったのです!!



体を動かして子宮ちゃんの血流が良くなると、筋腫になっていた子宮ちゃんも元気になるんだ〜!!

と、体を動かして血流が良くすることの大切さが身にしましました。


これは、更年期症状も一緒です。



更年期症状ののぼせは下半身が冷えていると出やすい症状なので、


下半身があたたまるように運動して、
自律神経の働きが良くなるように体を動かしていると
そういう女性はあまり更年期症状が出ないのです。




ですから、もし、私が40代になって更年期症状が出たら、
まずは下半身を動かして自律神経のはたらきがよくなる体操メニューをやるでしょう。



それでも更年期症状がよくならないときは、

女性ホルモン療法でどれだけ乳がんのリスクがあるのか先生に説明をしてもらって
女性ホルモン療法受けるかどうか考えます。




女性ホルモン療法をするとどれくら乳がんになるリスクが高いのか?

については、


日本乳がん学会で解説がありましたので読んでみて自分でも勉強してください。


http://jbcs.xsrv.jp/guidline/p/guidline/g1/q03/





あなたが今心配している


「生理が40日こない」というのはピルを使って
女性ホルモンのはたらきをリセットする方法もあります。



生理が40日来ないのは不安になるかと思いますが、

40代ならだれでも体の老化で更年期のような症状が出てきて、
生理も不順になり、生理の間隔が長くなったり短くなったりするのがふつうです。




病院で検査して病気の心配がなければ、

体の老化現象で誰でも起こることですから、
あなたがいくら嫌がっても体の老化を止められるわけではないので

40代で多少、生理が不順になってもそれはふつうのことですから、
病院でも特に異常な症状がでていなければ「様子をみましょう」ということで終わります。



体の老化現象で起きている症状は、
だれがどうあがこうと薬を使ってどうこうできることではありません。


体を若返らせる薬はありませんから、
あなた自身が体が老化していることを受け止める心の準備もしたほうがいいだろうと私は思いました。




相談を受けていると
いつまでも20代ぐらいの体でいられると勘違いをしている40代の女性がたまにいますが、



体は20才ごろから老化し始めているので、
40代では老化しはじめて20年も経っている
のですから、

老化で女性ホルモンの働きが弱り、生理にも変化がでてくるのはふつうのことです。




40代だと老眼にもなってきますが、眼だって老化しているから老眼になるのであって
それを20代のようにもとに戻せるものではありません。



あなたが更年期になることをとてもこわがっているように感じますが、
だれでも閉経するものなのですから、こわがっても避けることはできません。




それよりも、今までがんばってきた卵巣や子宮に

「がんばってきてくれてありがとう」という気持ちになってみると、

更年期への抵抗も少しは変わるのではないでしょうか?




のぼせなどの更年期症状がひどい場合には、
運動不足で体が冷えて症状がひどくなっていることが多いので、運動をしたほうがいいと思いますが、

症状が楽になるようにお薬を使うこともできますので、
女性ホルモン療法と合わせて先生に相談してみてください。




日本乳がん学会の女性と乳がんの関係についての解説




http://jbcs.xsrv.jp/guidline/p/guidline/g1/q03/



追伸


子宮筋腫のことで食事に気を付けるのに疲れたとき、
コレを参考にしたら、そんなに気を使わなくてもよくなり
食事が楽しくなりました。



http://www.infotop.jp/click.php?aid=130478&iid=43301




追伸2



Q.あなたはTポイントを持っていますか?



ヤフーネット募金なら、
Tポイントを使って1ポイントから
熊本や大分の地震で被災した方を支援することができます。



Tポイントで熊本や大分のみなさんを応援する!




http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630023/





■編集後記




今思い出しても、

定期検査で筋腫があったはずの子宮が



「子宮も卵巣もどちらもきれいで問題ないね。」

といわれた瞬間は天国にでも行ったかのうような幸せな気分になれます。



そして、


「子宮ちゃん、今まで筋腫があってもがんばってくれてありがとう〜〜!

愛しているよ〜〜!!」



と、子宮ちゃんのことがとても愛しい気持ちになれました。



再発した子宮筋腫でも、薬なしでよくなることもできるなんて本当に感激です。



あなたは大事な子宮ちゃんのことを愛しいなと思ったことはありますか?



めぐみ

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。