子宮ちゃん、内膜ちゃんに感謝してがんばりたいと

「子宮ちゃん、内膜ちゃんに感謝してがんばりたいと」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2016年02月29日

子宮ちゃん、内膜ちゃんに感謝してがんばりたいと

保健師のめぐみです。



今日、お読みくださるご縁に感謝します。



花粉が飛び始める時期になりましたね。


私も花粉症があるので、ちょっと目がかゆくなったり
くしゃみが出ますが、

以前より鼻炎の症状はほとんどでなくなったので

「やった〜!!

これで耳鼻科通いをしなくてよくなってうれしい〜〜!!」


と、万歳三唱の勢いで喜んでいます♪


整体では花粉症のケアを教えてもらったケアの効果が抜群です!!



続きは、めぐみの日常舞台裏で。




さて、今回は



生理になった時だけお腹がぎゅーっと痛くなる排便痛が
3年前にはあって、

子宮内膜症といわれた30代前半の
化学物質過敏症もあるM産からのメッセージを取り上げます。




私も子宮内膜症があるし、
化学物質過敏症でサプリとかお薬とアレルギー反応が出やすいので


「お仲間がいた!!」


と、ちょっと嬉しくなりました。



Mさんからのメッセージ






〜〜〜ここから〜〜〜



『こんにちは。 初めてコメントさせていただいます。

めぐみさんのアメブロにたどり着いたきっかけは、排便痛でした。

もういつからあったのかはっきりわからないですが、3年前にはありました。

生理になった時だけお腹がぎゅーっと痛くなり、それは排便したい時になり、
生理で子宮が下がって排便する時に力んで痛いのかなーと思っていました。


今年に入ってたまたま排便痛を検索すると子宮内膜症と出てきて、
言葉は聞いたことがありましたがなんのことかさっぱり? しかし、排便痛の症状があるので気になり、3●歳独身。


子宮頸がんの無料クーポンがあったので初めてレディースクリニックへ。

排便痛をある事を予約時に伝えといたので、超音波検査もしました。

結果、子宮内膜症があるとのこと。


そのときは、頭がパニック。

男性医師に診察されること自体ストレスと緊張。

頭で子宮内膜症の説明をされても難しい専門用語でちんぷんかんぷん。

ピルを飲むか生理を止めるか。 と最終的には言われ、
お恥ずかしながら、ピルは妊娠しないように飲むという知識しかなく、
また、私は化学物質過敏症になっていたこともあり(環境汚染)、

今はほとんど支障なく生活もしていますが、

とにかく体内に化学物質をできるだけいれない=薬を飲まない!日常生活で使うものも気をつけています。

ほぼ完治しています。

なので薬を飲むこと自体に抵抗もあります。


正直なところ。身体が薬品でまたしんどくなるかもしれないので。 話はそれますが。


気がつけば仲のいい友達、同級生は結婚をし、子供がうまれ始め、、、
遊ぶことも減り私は取り残された気持ちと焦りで、

気がつけば左脇下から、肋骨にかけてイライラしたり、
つっぱり感を感じたり、動悸がしたりして、しんどくなり始めました。


私は野口整体を赤ちゃんの頃から行っていたので、
整体で調整して、息がしにくい症状は治りました。

が、この一連がきっかけで自律神経なりました。

そして、鍼へも行くようになりました。


パニックになったり、出先でフラフラになったことが怖くて怖くて、
またなるんじゃないかと思うだけで、
不安で不安で仕方がなくなり。

友達がみんな結婚して、子どもがいるのに私には彼氏すらいなくて、
結婚したい結婚したい。とその頃焦っていた。 ということもあったんだと思います。


今は自律神経で嫌なこと、不安なこと、辛いことなどがあると左脇下から左胸横にかけて身体がつっぱり、痛くなり、痛くなると不安になり、心臓がどうにかなるんじゃないかと不安になり、悪循環。

緊張状態になります。

東洋医学鍼の先生は気が停滞すると そこに痛みがでるんだといわれています。


が、中々感情の整理のつけ方が取得できません。

話はそれましたが、今のこの状況でピルを飲むと自律神経が不安定になるのもいやで、
薬はかえって身体を冷やしてしまうものと聞いていますし、
なんとか子宮内膜症もなんとかなんとか自力でよくしたい。

中には子宮内膜症も治ったという方もいるので、
原因がらわかっていないだけに、

子宮内膜症も完治できるのかもしれない!と思ってがんばりたい!

でも、そう思っていると常に子宮内膜症が頭から離れない。


子宮内膜症と診断はされましたが、癒着にがどこにあるのか、ないのか、さっぱりわかりません。

←ある程度は超音波検査でわかるものなのですか?


次回行った際に確認しようと思っています。


ただ、前回その先生に言われたことがあります。

今日帰って色んな人に相談したりするだろうけど、色々言われるだろうけど、ピルはよくないとか。

でもこの事に関して僕以外にスペシャリスト、わかる人間はいないよ! と言われました。


確かにお医者さんで今までたくさんの患者さんをみてきたから知っているだろうとは思いますが、

めぐみさんのブログを拝見していると、
身体は自分で良い方向へ向かえるものだと私は思います。


だから、ピルは飲まず運動をして、めぐみさんが書いてくださっている運動を毎日少しでもやって、


子宮ちゃん、内膜ちゃんに感謝してがんばりたいと思っています。


でも、私の心にいつも私は子宮内膜症だということがついてまわるようになりました。


そして、早くよくなってほしいと思い、焦り、またストレスになるんじゃないかまた疲れ、
神経が休まらなくなるんじゃないかとおもうんです。

なんでこんなに病気になるのか、、、 悔しくて泣いてしまいました。


化学物質過敏症で色んな症状に悩ませれ、疲れ果てて、
でもようやく完治したと共に次は自律神経を患い、次は子宮内膜症。 正直参ってしまいました。

でも乗り越えるしかない。


めぐみさんのブログを拝見して沢山の方が同じように悩まれ、
症状が改善され、 それがわたしの癒しになります。


いつもブログ更新ありがとうございます。



〜〜〜ここまで〜〜〜



※メッセージがかなり長いのでところどころ省略しています。





いつもブログをお読みくださりありがとうございます。



「子宮ちゃん、内膜ちゃんに感謝してがんばりたいと思います」


と思ってくださったことはとても嬉しいです。



体だって「ありがとう」といわれたほうが嬉しいですよ〜




排便痛や子宮内膜症のことを学ぼうと
一生懸命にいろんなことをお調べになったのだろうと

メッセージから感じました。





化学物質過敏症もあると使うとアレルギー反応がでる薬もあるでしょうから
本当にしんどかったと思います。




今まで本当によくがんばってきましたね。



3年前からうんちをするときに痛む排便痛があって
自律神経の調子も弱っているところに

子宮内膜症だと言われたのはショックだと思います。



私も20代で「子宮内膜症ですね。」といわれたときは

ショックで頭が真っ白になったものでした。



「なんで自分が…!」とやりきれない怒りがこみあげてきたのを覚えています。



Mさんは結婚のことも考えるとこれからどうなるのか心配ですよね。




子宮内膜症が結婚した後にどう影響するのか?



というと、


子宮内膜症ができた部位によっては
妊娠するのに不利な条件になることがあります。



でも、子宮内膜症があっても妊娠している女性もたくさんいますので、


専門のお医者さんは「子宮内膜症とうまく付き合うことで妊娠することも可能ですよ」


と、話しています。


動画でもお話しています。





ですから、子宮内膜症があるというだけで
あなたが妊娠できなくなるわけではない
ので安心してください。



そもそも、
妊娠は、「病気がなければ妊娠しやすい」というわけではないので、


ドメスティックバイオレンスのようなものすごいストレスがある生活や
ダイエットのし過ぎで栄養不足の生活、

それから運動不足の生活をしてれば、
病気がある女性よりも妊娠しにくくなっている女性もたくさんいます。




「病気がなければあなたは妊娠しやすい体でいられるというわけではない」



ですし、



病気を目の敵にしてもあなたが妊娠しやすくなるわけではないので、

覚えておいてください。



私は、病気でもがんばっているあなたの体に


「今までたくさん苦労をしているのによくがんばっているね」

と、声をかけてあげたいです。



体だって好きで病気になっているわけではないですから、



「なんでこんな体に…!!」


と、体を責めるのは、体も悲しい思いをするだろうなと思います。





子宮内膜症があっても
妊娠できている女性はいますし、


「がん」になっていても妊娠する女性もいます。


このように、体が病気におかされていたとしても、



卵巣の中にいる赤ちゃんの卵である卵子ちゃんが元気なら、

赤ちゃんはできてしまうんです。



ですから、妊娠できる体でいたいのなら、


「子宮内膜症をどうにかしなくちゃ!」


という気持ちでいるよりも、


「赤ちゃんの卵である卵子ちゃんが赤ちゃんとして元気に育つようにあたためてあげよう」

という気持ちで体のケアをするほうが妊娠している女性が多いなと私は感じています。



病気があっても、
悪化しなければ手術もしないでふつうに生活し、

妊娠している女性はたくさんいます。




それに、
妊娠しやすくなるかどうかは
普段の生活の仕方も妊娠に関係してきます
ので、


子宮内膜症があっても悪化しないように、
妊娠しやすい体でいられるように


◎排卵している卵巣が冷えないようにあたたまるような体操をする
◎適度にストレスのケアをする
◎適量の食事量はキープする


といったことをしていれば、

妊娠してしまう女性はたくさんいるのです。




あなたが結婚後のことを考えて妊娠できる体でいたいと思うのなら、



「子宮内膜症になってしまった」という変えられない事実をどうにかしようとするよりも、



「体は子宮内膜症になりながらもがんばっているのだから、
これから妊娠しやすい体づくりをするんだ!」




という気持ちで体のケアをしてみてください。





排便痛はおそらく子宮内膜症ができた部分が腸の近くで
腸がお腹の膜だととくっつく癒着ができてしまうと

排便痛が起きやすいのでそのせいかなと思いました。



「癒着にがどこにあるのか、ないのか、さっぱりわかりません。」


というのは、

産婦人科の内診の超音波検査で癒着の場所を正確に知るのはむずかしいので
どのお医者さんでも正確に癒着がある場所がわからないのは同じです。


癒着の場所を特定するのには
MRIの検査をしたほうがわかりやすいですが、


どんなにいろんな検査をしてみても限界がありますから、
手術でお腹を切ってお腹の中を直接見てみないことには、

正確な癒着の場所はわからないのがふつうです。


ただ、排便痛があるのなら、
少なくともお尻近くの腸のあたりには
子宮内膜症があって癒着が起きている可能性が高いです。


ですが、お尻近くの腸に癒着があっても
妊娠はできますし、

出産に影響しそうなら帝王切開の手術をする方法もあります。


このように、癒着がどこにあっても、
代わりの方法で何とかすることも可能なんです。




次に、ピルについて。


子宮内膜症の治療として一般的なのは避妊できる作用があることで有名なピルです。



なぜピルを使うのか?



というと、


子宮内膜症は女性ホルモンのエストロゲンのはたらきをおさえると
悪化せずに小さくなりやすいことがわかっているので、

エストロゲンのはたらきを抑える作用があるピルを使うのが便利だからです。


ピルでもあまり変わらないときは、さらに強力な作用がある
体を閉経と同じ状態にする薬を使いますが、
あまりすぐに使わないことが多いです。



あなたがピルを使ったほうがいいのかどうか?


については、子宮内膜症がどれくらいひどいのか?
生理痛がどれくらいひどいのか?


といったいろんな条件によって
ピルを使ったほうがいいかどうかは変わってきますし、

実際に使ってみないとピルでどれくらい効果がでるかどうかは個人差があるのでわからないんです。


ピルを使ったら子宮内膜症が完治しなくても
よくなって子供を産んでいる女性もいます。



ですから、期間を決めて数か月だけ集中してピルを使いつつ、

妊娠しやすくなるように


◎排卵している卵巣が冷えないようにあたたまるような体操をする
◎適度にストレスのケアをする
◎適量の食事量はキープする



といった体のケアを並行してやっていくのも1つの方法だと思います。



子宮内膜症があるといっても、
かなり軽くて既婚者で妊娠希望の場合は、


先生も

「少し様子を見てからピルを使うか決めましょう」


と、話す先生もいます。


私の時も、

「あなたはまだ20代で若いしそんなに子宮内膜症がひどくないから
ピルを使うのは様子をみましょうか」


と、はじめからピルを使いませんでした。



このように、年齢や子宮内膜症の状態によってもピルをすぐ使うかどうかは変わってきますが、


あなたの場合は、

すでに排便痛が起きていて癒着が軽くない可能性があるのと、
30代と20代より若くはなく回復力に差が出るのを考えて

先生がすぐにピルを使うことを提案したのかなと思いました。



ピルについては、
副作用が強く出てやめてしまう女性もいますので、

とりあえずは先生にピルの副作用についてもよく話を聞いて、
その先生の患者さんの中では、だいたいどれくらいの期間で子宮内膜症が落ち着くパターンが多いのかなど

先生の患者さんの事例も教えてもらって
ピルを使うかどうか考えてみてもいいと思います。


ただ、化学物質過敏症があると、ピルの副作用が強く出る可能性もあるので
その点も先生と相談してみてください。



先生とも話したうえで、
ピルを使うのは様子を見たいと考えるのであれば、


私からは、

「子宮内膜症をよくするためのケア」というよりは、


「結婚後に子宮内膜症があっても妊娠しやすい体でいるためのケア」
として


◎排卵している卵巣が冷えないようにあたたまるような体操をする
◎適度にストレスのケアをする
◎適量の食事量はキープする


といったことをしたほうがいいと思います。



食事は「○○バー」とか栄養補助食品ばかりでなければ、
そんなに細かく頑張らなくても妊娠する女性はいますが、

パン食が多いと、脂肪の取りすぎになり子宮内膜症にはよくないので、

なるべく1日1回はごはんとお味噌汁の和食をおすすめします。


自分で作るヒマがなくても
ごはんもお味噌汁もスーパーやコンビニで買えますので意識して選んでみてください。



ストレスのケアについては、


「どうしてこうなっちゃったの?!」


と、すでに起こってしまった変えられない事実を嘆いていても
それで妊娠しやすくなるわけではない
ですし、

そういう感情は体にとってストレスになり
赤ちゃんの卵である卵子ちゃんもストレスで弱ってしまうので


できれば、


「これから○○になったらうれしいなぁ」

という気持ちで、ストレスケアとして

ゆっくり深呼吸をするのをやるようにしてみてください




私たちの体を作っている60兆個もある細胞は1つ1つの細胞に意志があることを知っていますか?



iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授は、

「体の細胞の一つ一つが意思をもっているから
ちゃんとはたらきかけてあげれば
細胞にもそれが伝わって、
細胞もこたえてくれる」

と、いったことを話していました。


卵子ちゃんは人体の中で最大の大きさの細胞です。




あなたの卵子ちゃんの細胞にも意思があるのです。


卵子ちゃんも
「元気に育ってくれてありがとう♪」と感謝されると

うれしくなって排卵して育とうとがんばってくれます。




だからこそ、

「結婚したら、卵子ちゃんが元気育って赤ちゃんになってくれたらうれしいなぁ」


という気持ちでいるほうが、妊娠にはいいのです。



そして、


卵子ちゃんがいる卵巣が冷えてしまうような運動不足の生活は卵子ちゃんを弱らせてしまうのを知っていますか?





不妊治療専門の先生のお話では、


運動をまったくしていなくて 排卵がうまくいかずに
不妊治療をしていた20代の女性の 卵巣への血流量を検査したところ、


ふつうの女性の半分の量の血流しか卵巣に届いておらず、卵巣が冷えた状態だったそうです。




これでは卵子ちゃんが育たず、体外受精をしても妊娠しないわけです。



このように、

妊娠には、病気のこと以外にも普段の生活も妊娠しやすさに影響します。




「結婚したら赤ちゃんを産みたい!」


という気持ちがあるのなら、


自分の生活を見直して、


卵子ちゃんがいる卵巣があたたまるように体操をしてみてください。










あなたの大事な赤ちゃんの卵である卵子ちゃんがいる卵巣を温める体操メニュー

http://phnroom.sblo.jp/article/172172593.html




今、すでにあなたの卵巣の中には赤ちゃんの卵である卵子ちゃんがいます。



もうすでにあなたのお腹の中にいるのですから


「卵子ちゃん、元気に育ってくれてありがとう〜〜♪」

と、声をかけながら体操をしてみてください。





あなたの卵子ちゃんが元気に育ってくれたらうれしくありませんか?




追伸

ストレスのケアには、泣けるストーリーを見たり読んだりして
涙を流すのも浄化作用があるのでおすすめです


めっちゃ泣けました


【楽天】





■編集後記



私は化学物質過敏症があり、電磁波にも過敏なので
電磁波がものすごい電気屋さんには気持ち悪くなってしまい入れませんでした…


花粉症も20代前半のころからあって、
アレグラのお薬を飲みながら毎年鼻炎に悩まされていました。



「どうせ体質だから治りっこない。

ずっとこのままなんだ…」


と、アレルギー反応が出ることにはあきらめていたのです。



でも!


整体では、花粉症は肩甲骨を動かすといいと教わり、
去年の花粉症のシーズン前に一生懸命肩甲骨を動かすケアをしたら・・・・



「おおお!すごい!!

鼻炎の症状がほとんどでないよ!


うれしい〜〜〜!!


アレルギー体質でも体って変わるんだ〜♪」


と、感激しました。


目がかゆくなったりくしゃみがでますが、
鼻炎にならないだけでも快適です!!



化学物質過敏症は首のケアを教えてもらってやっていたら、
電気屋さんに入るのも以前より長居できるようになって

「おおお!薬とか使わないで治るなんて感激!!」


と、めちゃくちゃ嬉しかったです。



アレルギー体質だからってあきらめることはなかったんですね。



私が整体の先生に教わった


「体は何歳からでも動かしていけば変わる!」


というのは本当でした。



子宮内膜症も「治った」とは言われないまま10年以上経っていますが、
悪化はしていないので普通に過ごせています。


子宮内膜症があっても、普通に過ごすことはできるんです。



30代も半ばで体力だって落ちていても、

やり方次第で体はいくらでも変わります。


あなたの体が変わって人生がハッピーになったらうれしくありませんか?




病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。