もしかしたら、内臓が下がってるかも?

「もしかしたら、内臓が下がってるかも?」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

2015年11月15日

もしかしたら、内臓が下がってるかも?

保健師のめぐみです。


今日、お読みくださるご縁に感謝します。

10月は食べ過ぎて体重が増えてしまい、反省していたところに、
盲腸や子宮内膜症の癒着の痛みが出てきてしまいました…

食べ過ぎると、胃に食べ物が入り重くなるので姿勢が悪くなり、
癒着している部分を圧迫しやすくなるんです…


食べ過ぎも注意ですが、
胃を支える筋力をつけたほうがいいと言われて毎日新メニューの体操をやっています!

ふだんの生活がこうして癒着の痛み出やすくしているんだな〜

と、あらためてふだんの生活の仕方の大事さが身にしみました…


さて、今回は、


卵巣のう腫と骨盤内膜症で小腸へ内膜が癒着してしまい、
子宮筋腫が小さくならなければ摘出手術の可能性があると言われた閉経が近い年齢の女性から

「もしかしたら、内臓が下がってるかも?と思いめぐみさんの体操を今日から始めます。」


というメッセージをいただいたので取り上げます。

「もしかしたら自分も…」というのはよく気がつきましたね!



私は、まったく運動しない生活をしていたら、35才で

運動していないでしょう?

あなたの腸が全部ゴッソリ下に落ちているよ。
お腹をさわっても内臓がないみたいにへこんじゃってるよ。

これじゃあ、下に落ちた腸が盲腸や子宮内膜症の癒着を圧迫するから痛みがでちゃうわね。
子宮も卵巣も落ちた腸に圧迫されちゃってるわよ。」

と、整体の先生にいわれてしまいました…

まだ35才でも運動しないと腸が下に落ちちゃうんだ…

とにかくショックでした。

腸が落ちたイメージ
腸落ちる.png

あなたは体のために意識して体を動かしていますか?

いただいたメッセージ


〜〜〜〜ここから〜〜〜


私ごとですが、閉経までは数年あるのですが

卵巣のう腫と骨盤内膜症で小腸へ内膜が癒着し、
小腸を狭窄してるため、スプレキュアの注射で
内膜、筋腫が小さくならなければ摘出手術の可能性があると言われてます。


スプレキュアは6回までで、
スプレキュア注射の4回目を終え、
最近、膣や尿道がむずむずしてますが、医師から萎縮性膣炎ではないから対処法がない!と言われ、
藁をもつかむ思いで、ネットを探ってめぐみさんの辿りつきました。

もしかしたら、内臓が下がってるかも?と思いめぐみさんの体操を今日から始めます。
そして、内膜と筋腫の手術は避けたいので、
体をあたためたり、子宮が快適〜?って言ったり、頑張ってみます。

こんな感じで進めればいいのでしょうか?


〜〜〜ここまで〜〜〜〜


お返事が遅くなってしまいましたが、

その後、体調はいかがですか?


「手術したほうが」とか言われるとこわいですから
なんとか手術しなくてよくなりたいですよね。

体操を始めてくださっているのはとてもうれしいです。

ありがとうございます!

体操は、やるだけならタダでできるので、
チャレンジしないなんてもったいないです。

体は動かせば変わりますから!
「子宮が快適〜?って言ったり、頑張ってみます。」


というのもいいですね!


言葉に出したことって、
いい意味でも悪い意味でも脳に暗示をする効果もあるので

「子宮ちゃんが元気になってうれしいな」

と言葉に出してみるのも、
体を変えやすいですよ。



閉経が近い年齢だと、女性ホルモンのはたらきが弱まってくるので
その影響で子宮内膜症や子宮筋腫は、小さくなることもありますから

すぐに手術にはならず、閉経するまで様子を見ることが多いですが、


「癒着があるために手術をした方がいい」

という先生の判断なのかな?と思いました。

ただ、手術をすること自体も、癒着を作りやすいので、

手術をすることになった場合は、数年後や10年以上経ってくると、
癒着で腸が閉塞する腸閉塞になってしまう人が多いです。


少なくとも、私のまわりでお腹の手術をしたした人たちは
10年以上経ってから腸閉塞で入院している人たちばかりでした。


私は幸いにして、着がひどくならないような体操をするようになったので、
癒着の痛みはでますが、腸閉塞を起こさないで済んでいるのは助かっています。



あなたの場合は、
すでに小腸が狭くなっているようなので、

スプレキュアで子宮内膜症や子宮筋腫はなんとかできたとしても、
スプレキュアそのものはすでにできてしまった癒着には効果はありませんから、


癒着がひどくならないように体を動かすことは絶対にしたほうがいいです。


癒着がひどくならないようにケアしていくのは、
お腹の中全体の血流を良くすることなので、

お腹の下のほうにある子宮もあたたまり、
子宮筋腫もそんなにひどいことにならない女性が多いです。


子宮筋腫はそもそも子宮そのものが冷えていると悪化するので、
子宮があたたまるためにもしっかり体を動かしていきましょう。


とくに、だんあまり運動をしていなくて、
仕事で座りっぱなしや立ちっぱなしで動かない生活
をしていると、


本当に簡単に筋肉が落ちるので、お腹の中の腸を支えている筋肉が落ちると、

腸がゴッソリと下に落ちてしまうのはよくあることなんです。


テレビにもでている腸の専門医水上健先生の本を読んだたら、
腸が下にゴッソリ落ちているレントゲンの写真がズラリとあってびっくりしました。


私は整体の先生に体の状態をみてもらったんですが、

たしかにあおむけに寝た状態でおへそから下を押してみると、

中身がないような感じでベコベコに沈んでしまうんです…


おへそから下には腸がつまっているはずなのに、
運動しなさすぎて筋肉が落ちているので腸も下に落ちていて、

あおむけになっておへそから下をさわっても
なにもつまっていないかんじになってしまいます。


あなたもあおむけに寝ておへそから下をさわりながら軽く押してみましょう。

筋肉があって腸がちゃんとした位置にあれば、
おへそから下をさわって軽く押しても弾力があります。

さわって押してもベコベコ〜っと指が沈むようなら筋肉がないし、
腸の位置が落ちている可能性が高いです。


でも!!


筋肉は何歳からでも、ちゃんと動かせばきたえられます!

日本には105才で陸上の世界記録を持っている宮崎秀吉さんという方がいるのを知っていますか?

105才の年でも、ちゃんと筋肉を動かしていれば陸上で世界記録を出せるんですよ!

すごいですよね〜


あなたのお腹の筋肉もちゃんと動くようにしてあげれば、
筋肉が育って下に落ちた腸も上に上がってきます!


私は、ちょっと体操をサボるとすぐに筋肉が落ちて癒着の痛みがひどくなるんですが、
それでも一生懸命、腸を支える筋肉を動かすと癒着の痛みは30分後くらいには消えてくれます。

3日くらいちゃんと体操をすればすぐにお腹の筋肉もつくのです。


お腹の筋肉が落ちると、腸が落ちてしまい、
子宮もつぶされて圧迫してしまいますから、筋腫にもよくありません


腸をささえるお腹の筋肉をつける体操をしっかりやってみてください。


体は筋肉が動くように体操していけば必ず変わります。

あなたの大事な体のチカラを信じて体を動かしてみてください。


★イスに座ってねじりのびのび〜

(1)イスに座って、足の裏が床につくように座り、膝は手のこぶし大くらい開いておく

あまり後ろに腰掛けない方が足の裏はぴったりつきます。
座り方.jpg

(2)両手を頭の後ろで組んで、肘をなるべく高くしてうしろにおもいきり開く

ねじりのびのび1.png

(3)肘が開いたままをキープしながら、足の位置はズレないよう、頭と胸の位置が同じになるように、ゆっくり右側に上半身だけひねる

ねじりのびのび2.png


ポイントは、足の位置は変えないようにすることと、

ひねるときに、頭だけおもいきりひねらないように、
胸と頭の位置が一直線をキープしながらひねります。

こうすると、ひねるといっても、あまりおもいきりひねることはできませんが、それでOKです。

頭だけおもいきりひねると、
胸まわりをひねっていないため、

頭と胸が一直線の状態をキープしながらゆっくりひねりましょう。

ひねられるところまでひねったら、ゆっくり正面に戻ります。


(4)左側も同じように、足の位置はズレないよう、頭と胸の位置が同じになるように、ゆっくり上半身だけひねる


戻るときはゆっくり戻りましょう。

(5)(3)と(4)を3〜5回繰り返す



これだけです。

座ったままできるので簡単ですよね。


やってみると意外とキツイ動きで、
お腹まわりをひねって動かしているなぁという感じがいます。


ちょっとした合間に、1・2回でもできますから、1日何回でもやってみましょう。



あなたの体はあなたが変えることができますよ!


めぐみ

病気があっても【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。