子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?

「子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮筋腫ありがとう♪                   赤ちゃんができるか不安なときにできることありますか?.com

内膜症・筋腫・のう腫・生理痛・婦人科・手術・治療

「卵巣のう腫の手術ですね」と言われたあなたへ

「卵巣のう腫で手術ですね」と言われてもすぐに手術しなくてもいいこともあります。

お客様の声・いただいた感想

黒ハート体外受精に切り替える直前で妊娠がわかりました

黒ハート卵巣の腫れが4pから1pまで小さくなっていました

黒ハート7cmの卵巣膿腫が3.8cmに小さくなってました!

黒ハート妊娠発覚。 子宮が元気になるよう努力してよかったです。

黒ハート「卵巣の大きさも もうほぼ通常と変わらないですね」と言われたんです!!

黒ハート36℃後半まで体温があがるようになっていました

黒ハート骨盤ケアをはじめて10日だった生理は7日で終わりました

黒ハートキッチンに2人で立つようになったのがすごくうれしいです

黒ハート生理痛が とても軽かったのです!!

黒ハート以前よりも和らいでいた気がするのです

黒ハート卵巣のう腫でのお腹の痛みがおさまりました!

黒ハート猛烈な腹痛のときに○○○をしたら治まりました

黒ハート続木和子さんの
14日間集中!子宮筋腫改善講座
について「効果があるの?」という問い合わせがありました。


やってみた感想を読む

メールマガジンの登録

病気があっても,【体が変わる!幸せに過ごすため体が喜ぶ簡単♪おうちケア 】 をするためのメールマガジンをあなたに届けています。 病気になってしまった自分を体を、幸せになるために変えたい方だけ登録してください。病気を治すのはあなた自身にしかできないことですから、私に病気を治してほしいと期待する方は登録しないでください。
※名前は名字かハンドルネームを入れてください。

メールアドレス: 名前:
>>プライバシーポリシー

2016年09月17日

数日前に、19日周期という、人生最短の周期で生理が来てしまいました!

保健師のめぐみです。


今日、お読みくださるご縁に感謝します。



9月に入ったら、朝と夕方の気温が下がって冷える日が出てきましたね〜



私は昼間の暑さに油断して、夕方に足を冷やしてしまったらしく、
今週はお腹の子宮内膜症の癒着の痛みが出て痛み止めも効かないので
「ヒーヒー」でした・・・




でも、夜に「自分が熱めだと思うお湯でさし湯をしながら6分足湯をする」と

子宮内膜症からくる癒着の痛みが「スー」っと消えるんですよ。



「足湯であたたまって痛みが消えるってことは、

足の冷えて癒着の痛みが出るんだ〜


足の冷えって油断することこわい・・・」



と、冷えのおそろしさを実感しました。




あなたは足の冷えを感じることがありますか?





足の冷えを感じるときは、できれば、

「自分が熱めだと思うお湯でさし湯をしながら6分足湯をする」


体がぽかぽかあたたまって気持ちいいですし、冷えもよくなります。

お風呂足湯2.JPG



でも、足湯ってめんどうなので(苦笑)、




「あおむけで寝ながら自転車こぎを2〜3分する」のでも、

下半身があたたまって冷えが楽になります。





子宮筋腫や卵巣のう腫などの婦人科の病気は足の冷えで悪化することもあるので、


「9月は足の冷えに気を付けて足湯や自転車こぎで下半身をあたためる!」


ことを意識してみましょう!






さて、今回は、40代前半のHさんから


「20代の頃と比べて出血量が減っているのと、昔は30日前後の周期だったのが、25日くらいになってるくらいでしょうか?

生活不規則で身体を大事にできてないこともありますが、身体はちゃんと頑張ってくれてるんだろうなあと思いながら、お風呂でマッサージ励んでます(笑)」


と、うれしいメッセージをいただいたので取り上げます。



仕事上、生活が不規則になることもあるのでそれは仕方がないです。


でも、体を適度に動かすと血流はよくなるので生活が不規則な女性でも
生理は大丈夫なことも多いのです。



ただ、生理の出血量が減っていたり、周期が短くなったりするのは気になりますよね?



あなたは生理の出血量が少なくなったり周期が短くなったりしていますか?





Hさんからのメッセージ






〜〜〜ここから〜〜〜


めぐみさま

大変ご無沙汰してますが、メルマガ購読してます♪

最近、生理が少々不安定なので報告してみました。


私は未出産のまま再来月に4●歳になるのですが、
20代の頃と比べて出血量が減っているのと、昔は30日前後の周期だったのが、25日くらいになってるくらいでしょうか?


一時期はめまいや生理痛が辛過ぎて動けないことがたまにありましたが、
最近はそこまでのこともなく、婦人科系も含めて健康診断も良好です。


前回の生理は34日周期と、やや遅れ気味だったんですが、
鈍い色の出血が3日ほど、しかもかなりの少量しかないまま終わってしまいました…。


私自身、子宮内幕がきちんとはがれ落ちきってないなあと、
なんだか便秘のような気持ちと、また次回同じ感じだったら嫌だなあ…


でも、年齢的に仕方ないか、という気持ちでした。


が、数日前に、19日周期という、人生最短の周期で生理が来てしまいました!


そしたら、今回は出血多量気味です!貧血もなく、生理痛もないから生活に支障なくて助かりますが…


私のここ1年ほどの生活サイクルですが、
休肝日ほぼナシで暴飲暴食系ではあるんですが(汗)、

毎日の20分の半身浴中に足指から腰辺りの下半身中心のマッサージ及び足裏のツボ押し、
お風呂上がりのストレッチ、
(めぐみさん直伝の)脇腹つまみ引っ張り、
お昼の職場までの一駅徒歩通勤、週に2、3日はジョギング10キロorエアロバイク30分orプール1キロが習慣になっちゃってます。


あとは脇腹伸ばす体操も取り入れてます♪

元々体育会系でもないのですが、
身体を動かす習慣がついてリンパやツボの情報が入ると、
どんどんルーティンメニューが増えて、やらないと気持ち悪くなってきてしまいました(笑)


これだけハードトレーニングやっているから、
生理もちゃんときてくれるし、生理痛がないんだと思います。


あと、生活不規則で身体を大事にできてないこともありますが、
身体はちゃんと頑張ってくれてるんだろうなあと思いながら、お風呂でマッサージ励んでます(笑)



お昼はデスクワークだし、冷え性でエアコンも苦手ですが、てきる範囲のことを楽しんで頑張っていきたいと思ってます♪



〜〜〜ここまで〜〜〜



Hさん、お久しぶりですね。


以前にお伝えした脇腹つまみ引っ張りをしてくださっているのはうれしいです。



ありがとうございます。


脇腹をつまんでのばすのは、整体でよくやるものなのんですが、

腰の左右のバランスをよくしますので、腰痛対策にもなりますし、

骨盤の左右のバランスもよくなり中にある
子宮ちゃんや卵巣ちゃんにとってもいいのでぜひ続けてみてください。

わきばらつまみ1.png

それにしても、もともと体育会系ではないのに
すごい運動メニューでびっくりしました。


いや〜、すごい行動力!!



脱帽です。



お体が

「一時期はめまいや生理痛が辛過ぎて動けないことがたまにありましたが、
最近はそこまでのこともなく、婦人科系も含めて健康診断も良好です。」



と、変わってきたのはHさんが運動を習慣にしているのが大きく体を変えたのだろうなと思います。





Hさんの運動量はすごすぎるのでここまでやる必要はないですけれど、

暴飲暴食で休肝日もないわりには40代で健康診断で異常なしはすご過ぎだなと思いました。



運動もやりすぎはよくないですけれど、
Hさんの体にとっては今の量でも大丈夫そうなので楽しく続けていただいて


「身体はちゃんと頑張ってくれてるんだろうなあと思いながら、
お風呂でマッサージ励んでます(笑)」


と、体をねぎらってマッサージをしているのも続けていただければ体も喜ぶと思います。




さて、


Hさんの生理の変化で


「昔は30日前後の周期だったのが、25日くらいになってるくらいでしょうか?

前回の生理は34日周期と、やや遅れ気味だったんですが、
鈍い色の出血が3日ほど、しかもかなりの少量しかないまま終わってしまいました…。

私自身、子宮内幕がきちんとはがれ落ちきってないなあと、
なんだか便秘のような気持ちと、また次回同じ感じだったら嫌だなあ…
でも、年齢的に仕方ないか、という気持ちでした。

が、数日前に、19日周期という、人生最短の周期で生理が来てしまいました!

そしたら、今回は出血多量気味です!貧血もなく、生理痛もないから生活に支障なくて助かりますが…」
というふうになっていることについて。






生理の周期のお医者さんの基準は「25日〜38日の生理周期がふつう」

とされていますので、34日周期なのはそんなに問題ないですが、


19日周期のときはさすがに短いですね。


量も少なく3日くらいで終わったのなら、

排卵をしていない無排卵月経のパターンだったのかなと思います。




私は30代になってから生理の周期が28日から
26日になり、


「30代になるとやっぱり卵巣の老化で生理が変化するんだな〜」


と、あんまり認めたくないですが年齢を感じてしまったものです・・・



私ぐらいの生理の変化ならふつうのことなので
病院でもなにもしないパターンが多いです。




40代前半ぐらいの年齢になると、


女性ホルモンを出している卵巣の老化が進んでいるので、

生理も周期が長くなったり短くなったりと乱れてきやすいです。




生理の量も排卵がうまくいっていないと量が少なくなることもよくありますね。






生理の量が1日くらいで終わって25日より短い周期が3か月以上続くのなら、

40代前半だとちょっと閉経が早く進みそうな感じがするのと、

甲状腺の病気の可能性もあるので


病院で検査してもらって、
必要があれば生理を起こすのをサポートするお薬を使ったほうがいいこともあります。



甲状腺の病気のチェック項目については以前の記事で紹介しています。



http://www.el-aura.com/kounennki20160603/



生理の日数が3日以上あって、
生理の周期が短くなったり長くなっても

25日前後の周期をいったりきたりしているようであれば、

「40代なら更年期の準備でふつうの生理の変化だね」ということで病院で何もしないことも多いです。



もし、気になるようなら、子宮がん検診は2年に1回はしたほうがいいですから

子宮がん検診もかねて病院に行ってみてください。




生理の変化で年齢を感じるのもなんだか「がっかり」してしまいますよね〜





ただ、生理が終わるのはどの女性も平等に起こることで避けられませんから


私は「更年期がひどくならないようにしたいから適度に運動しよう!」


という気持ちでいます。





Hさんは運動を楽しんでいるように感じたので、

楽しいと思えることを満喫して過ごすことで

更年期もひどくならずに笑顔で過ごせることにつながりますから、





Hさんが楽しく笑顔でいられることを続けてほしいなと思いました。





いつまでも楽しく過ごせたら幸せだと思いませんか?





めぐみ

2016年09月08日

このまま放っておけば閉経して、骨がボロボロになると




保健師のめぐみです。


今日、お読みくださるご縁に感謝します。



先日、海外在住の高校生に胸の痛みがあるというので

痛みが楽になるケアをお伝えしたら


「めぐみさんの胸のマッサージをやってみたらすごくホワホワあったかくなりました。


相談できる人がいるというのはこんなにも嬉しい事だという事がわかりました。」



と、うれしいメッセージをいただけて胸がほんわりあったまりました。



海外にいると、日本と違って医療費が高い国が多く、
すぐに気軽に病院に行けないこともあるので

心細い思いをしている高校生のお役に立ててよかったな〜と励みになりました。


こういうメッセージをいただけると幸せです♪




では、今回は、


卵巣のチョコレートのう胞が見つかって6年になる30代後半のTさんから



「4月から生理周期がめちゃくちゃで1●日病院へ行きました。

血液検査の結果、ディナゲストを飲み続けてきたのと
年齢的なもの(3●歳)が重なって、
女性ホルモンが減っているということがわかりました。



このまま放っておけば閉経して、骨がボロボロになるということで、ルナベルが処方されました。」




というメッセージをいただきましたので取り上げますね。



ディナゲストは子宮内膜症の治療によく使われるお薬で、
子宮内膜症が卵巣にできたチョコレートのう胞の治療でもよく使いますが、


お薬の影響で30代後半で女性ホルモンが減りすぎてしまうとはこわいですね〜



女性ホルモンはだれでも40代以降は減るものなので
それを増やそうとすれば子宮がんや乳がんになりやすいので注意が必要ですが、


30代で女性ホルモンが早く減りすぎてしまうと、
骨もボロボロになりやすいですが、


髪が抜けやすくなり若いのに薄毛や白髪で見た目が一気に老けてしまうこともこわいんです。



あなたはお薬の影響で早く薄毛になってしまって老けてしまうなんて、こわいと思いませんか?




Tさんからいただいたメッセージ









〜〜〜ここから〜〜〜



めぐみさん、こんにちは
チョコレート嚢胞が見つかって6年になります。


以前、2度ほどめぐみさんにはメールで相談させていただきました。




家族でもなかなか理解してもらえず、めぐみさんのブログがあることは大変心強いです。

たまたま知り合った方も、実は
「私はチョコレート嚢胞で、来週手術するのよ」と言われていた方にも、
めぐみさんのブログを紹介し、大変感謝されました。



右の卵巣が5pに腫れてたことがわかって半年後に母が亡くなり、
その後、7pまで大きくなりました。


主治医はなるべく手術は閉経と同時にしたい、
それまでは薬で抑えたいという考えで、
リューブリンを半年して、

その後、生理が来る形でディナゲストを、
さらに無月経になるようにディナゲストを約2年半飲み続けました。



なんか終わりが見えず、セカンドオピニオンを受け
(その医師は薬は飲み続けるべきという考え)

そこまで思いつめているなら、一度薬を止めましょうということになりました。



薬を止めたのが昨年の3月です。


それからすぐに生理も来て、
卵巣も定期検査でも4×3pでずっと大きくも小さくもなっていませんでした。



ところがこの4月から生理周期がめちゃくちゃで17日できたり、
その次は31日だったり、
この度は14日で来たので、●日病院へ行きました。



血液検査の結果、ディナゲストを飲み続けてきたのと
年齢的なもの(3●歳)が重なって、
E2が18未満と、視床下部から命令が下せないレベルまで女性ホルモンが減っているということがわかりました。



このまま放っておけば閉経して、骨がボロボロになるということで、ルナベルが処方されました。



また薬を飲むのかと(いかにも自分が病人のようで嫌なんです!)

ショックで、イライラして、家族に当り散らしてしまいました。



43〜45歳までは飲み続けないと、と言われましたが、
女性ホルモンのレベルが上がれば2〜3クールで止めてもいいですよ、とこちらの意も汲んでくれています。



是が非でも薬に頼らない生活に戻したいのですが、
身体を動かす、温めるといつもめぐみさんが言われていることのほかに気をつけたほうがいいことはないでしょうか。



ここまで読んでいただいてありがとうございます。

よろしくお願いします。



〜〜〜ここまで〜〜〜



去年の11月以来ですね。




卵巣の病気で悩んでいらっしゃる女性に
ご紹介いただきありがとうございます。



私が見えないところでもこのように紹介してくださる方がいるのは感激してしまいます。



うれしいです。



卵巣のチョコレートのう胞が大きくならずに
キープできているのはすばらしいことです。


卵巣のチョコレートのう胞は元の大きさまで小さくならなくても、
大きくなりさえしなければ手術はしなくて済むことがほとんどですから


イヤな思いをしながらもお薬を飲み、
ほかにもたくさん努力なさったのだろうと思うと、

それまでよくがんばっていらっしゃったなと思いました。



それだけに、


女性ホルモンのエストロゲンの検査数値であるE2の数値が低くなっていて

ディナゲストの影響でまだ30代後半で

「女性ホルモンの量が減っていてこのままだと閉経する」


と言われたのはとてもショックだったと思います。



だれかに当たり散らしてしまうお気持ちもわかります。



というか、


「当たり散らしたくなる」のも、
女性ホルモンの量が減っていると

更年期の症状としてイライラしやすい症状がありますので、


更年期のような症状もではじめているのかなと思いました。




ディナゲストというお薬は子宮内膜症に有効だとされていて、
卵巣から女性ホルモンのエストロゲンが出るのをおさえる作用があります。


エストロゲンの量が減ると、子宮内膜症がよくなりやすいため、
子宮内膜症が卵巣にできたチョコレートのう胞の治療でもよく使うお薬です。



ディナゲストをのんでいることで、

卵巣が自分で女性ホルモンを出すのをおさえてしまい、
2年以上のんでいれば、卵巣はそのうち女性ホルモンの出し方を忘れてしまいやすいです。




あなたは小学校でできていたけど今は忘れてできないことってありますか?




私は、逆上がりがもともと苦手だったので、「今、やってみて」と言われてもできないです。



なにしろ、高校生の時でさえ逆上がりをしなかったような気がするので
もう20年以上もやっていないのに逆上がりをするなんて、体がやり方を忘れていてできないです…




跳び箱もできる気がしないですね…




あなたにも、学生の時はできていたけど、
何年もやっていなくてやり方を忘れてしまって今はできないことがいくつもあるはずです。




同じように、女性ホルモンも、


薬で女性ホルモンが出るのを抑え続けてしまうと、
卵巣が自分でホルモンを出すやり方を忘れてしまうので、

自力で女性ホルモンが出せなくなっている女性がた〜くさんいて、


私への相談でも山のようにきます。



ディナゲストだけではなく、




女性ホルモンのエストロゲンの


子宮内膜症や子宮筋腫の治療で排卵をおさえるピルを長くのんでいる女性でも、
ピルを中止したあとに、排卵が自力でできなくなてつぃまい、
生理が自力でこなくなる女性がけっこういらっしゃいます。




このように、

薬でホルモンのはたらきをおさえてしまうと、
体がホルモンの出し方を忘れてしまって自力でできなくなってしまう


という弊害が起きやすいことは、以前もお伝えしたのでよ〜く覚えておいてください。




では、


ご質問の


「是が非でも薬に頼らない生活に戻したいのですが、
身体を動かす、温めるといつもめぐみさんが言われていることのほかに気をつけたほうがいいことはないでしょうか。」



について、


私が今お伝えできることだけお伝えしますね。



まず、


Tさんはいつも「自分が聞きたいことがあるときしかメールをしてこない」ですが、


私がお伝えしたことやってみて、お体の調子が変わったりしたことはあったでしょうか?

続けてみてよかったケアはありますか?



私がお伝えしたことを実践してみた女性は


「やってみたら気持ちよかったです!」とか、


「続けてみたら、体調がよくなりました!」とか、


実践してみた結果をメールしてくださいますので



お伝えしたことでなにが効果があり、
なにがあまり効果がなかったのかがわかりやすいため、

次のアドバイスをしやすいです。


ところが、Tさんの場合は、

「自分が聞きたいことがあるときだけメールがあって
お伝えしたことを実践したかどうかの結果は書いていない」ので、


私としても、

「実践していてあまり効果がなかったことは省いて
違うパターンでお伝えする」


ということがむずかしいです。



Tさんが聞きたいときだけメールをくださっても
私も適切なアドバイスができるわけではないので
あなたのためにもならないことは覚えておいてください。



で、


今回のメッセージを読んでいて私が思ったのは



「また薬を飲むのかと(いかにも自分が病人のようで嫌なんです!)」


とか、


「是が非でも薬に頼らない生活に戻したいのですが、」


とか、



「なにがなんでもこうならないとイヤだ!」




という印象があって



自分で自分を追いつめているような言葉の使い方をしていて、


こういう思考でいることそのものが
脳に負担をかけていて
自律神経のはたらきが狂って血液の流れが悪くなり、

女性ホルモンを出している卵巣にも悪影響になっているように
感じました。




そもそも「薬を飲んでいるから病人のようでイヤだ」というのは

Tさんが勝手に思っていることであって、


Tさんが薬を飲んでいるからといってあなたを病院扱いする人が今までいたのでしょうか?



私なら、薬を飲んでいるだけでその人のことを「病人だ」とは思わないです。



世の中には、生まれつきの病気で薬が手放せない人もいます。


薬を使って必死に生きている人の姿を見ていれば、
「薬を飲んでいるから病人のようでイヤだ」という発言は出てこないと思います。



Tさんの体を守りたいのであれば、


「薬を飲んでいるから病人のようでイヤだ」という

私にはよくわからない思い込みで
自分で追い詰めないで


体がリラックスできるようなことをして ストレスを減らすこと
が体にとってはよいのではないかと私は思いました。




私自身は、薬のアレルギーがあって副作用が強く出やすくて
喘息発作が起きると「ゼーゼー」と呼吸困難になってこわいので


「なるべく薬を使いたくない」と思ってはいますが、


命にかかわることで、どうしても必要なら飲むこともあります。




「そのときによって受け入れたほうがいいこともある」
のですから、



あなたがかたくなに思っているこだわりをやわらげて

リラックスできるように

好きな音楽を効いたり、
景色を楽しみながら散歩をするほうがよほど体のためになると
思います。



NHKの番組で最新のストレスの研究について紹介していましたが、



わたしたち人間は、いつも「いやだな〜」といったイヤ気持ちを持続させて生活していると、

ストレス状態が続き、血液の流れが悪くなり、

体調をコントロールしている自律神経のはたらきが狂って暴走し、


イライラしやすくなったり、

心筋梗塞や脳梗塞などの病気をおこしやすくなることがわかっています。





また、「乳がん」の研究では、


ストレス状態が続くことで、乳がんが体にできたときに、

がん細胞を退治する免疫細胞のはたらきがスイッチオフになってしまい、

がん細胞を退治できなくなり乳がんで死亡率が高くなることもわかっています。





Tさんのように、


「薬を飲んでいるから病人のようでイヤだ」


というような、個人的なこだわりでいつも「イヤだ」という気持ちが続けば、


乳がんで死亡する確率も上がるのです。






いかに、ストレスが体を病気にしてこわしていくかがわかると思いませんか?





乳がんの研究では、ストレス状態を戻してあげると、

乳がんの細胞を退治する免疫細胞のはたらきがスイッチ・オンになり、

スイッチ・オンになっている女性たちの死亡率が下がるのです。





こういった
ストレス状態の体をもとの状態に戻すためにはなにが有効なのか?



というのもNHKの番組で紹介していました。



なにをすれば、乳がんで死亡する確率を下げられるくらい体が変わると思いますか?



それは
「適度な運動」と
「目を閉じて自然に呼吸をしながらなにも考えずに瞑想すること」です。





最新の実験では、


1回30分のウォーキングを週3回してもらったところ、

心筋梗塞を起こすほどストレスで自律神経のはたらきが狂っていた人の

自律神経のはたらきが安定することがわかりました。



脳の画像検査をすると、


運動しただけで明らかに脳がストレスに強いものに変わっている


ことがわかりました。




運動しただけで脳が変わるってすごいですよね?




そして、


「目を閉じて自然に呼吸をしながらなにも考えずに瞑想すること」でも、

自律神経のはたらきが安定し、脳が変わることがわかっています。




自律神経のはたらきが安定すれば、血液の流れがよくなります。



血液の流れがよくなれば、女性ホルモンを出している卵巣への血液の流れがよくなり、
卵巣が元気になりやすいです。




「薬を飲んでいるから病人のようでイヤだ」という気持ちをすぐに切り替えるのはむずかしいでしょう。



ですが、

気持ちをすぐに切り替えられなくても
行動を変えることはできます





「薬を飲んでいるから病人のようでイヤだ」という気持ちが出てきたら、


家の中でいいのでとにかく歩いてみましょう



これが




「気持ちはすぐに変えられなくても行動を変えることは簡単」
ということです。





イヤなことを急に受け入れることはできなくても、

「家の中で歩き回ってみる」という行動を変えることはできます。





外に出られる天気なら家の周りだけでも歩くといいです。



もしくは、


「目を閉じて自然に呼吸をしながらなにも考えずに10分瞑想する」




のもやってみてください。



どれも簡単なことですからTさんができないことはないでしょう。




あとはあなたがやるかどうかです。





「閉経に近づいていた体を若返らせたい!」




という気持ちが本気である女性のなら、これぐらいのことは体のためにやります。



私が今までにのべ2000人以上の女性の相談にのってきた経験では、


「本気体を変えたい!

体を変えて人生を変えたい!」


という女性は、私からアドバイスをしなくても、

偶然見かけた私のブログの記事を読んで


「体を変えるためにやってみよう!」と自分で実践してしまい、


実践した結果、


「手術しなくてよくなりました!」

「生理がふつうに戻りました!」



と、体が変わったメッセージをくださいます。




「体が変わった」というメッセージをいただくたびに、


「自分で体を変えたいという思いがあって実践すれば、

病気があっても体って変わることができるんだな〜」


と、体のすごさと意志で人生を変えられることの奇跡に感動してしまいます。



あなたが「体を変えたい!」という気持ちで体のために実践すれば、

あなたの体は変わります。


体が変われば人生も変わります。





やらないことで、閉経が早まったたら、


骨がボロボロになり、
歯も骨ですから、歯が欠けたり抜けたりして見た目が老けます。


髪が薄毛になり見た目がどっと老けてしまいます。



同年代の女性よりも早く見た目が老けてもいいですか?




Q.あなたはTポイントを持っていますか?



ヤフーネット募金なら、
Tポイントを使って1ポイントから
岩手や北海道の大雨で被災した方を支援することができます。



Tポイントでみなさんを応援する!




http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630025/




めぐみ

2016年08月31日

手術にはやはり抵抗があります

保健師のめぐみです。


今日、お読みくださるご縁に感謝します。



8月も終わりですね。


今年の夏はいつもりだるく感じることが多く

「37歳にもなると暑さにも弱くなるのかな〜」

と、ちょっと年を感じました…





週末も、前日はシャキシャキ仕事をしていたのに、

急になんだかすご〜くだるくなってしまって


「なんだろうな…」と思ってたら

ドロっとしたおりものがでたので


「あー、排卵するのに体が疲れちゃったんだわ〜」と思ったんです。



整体の先生に教わったのですが、


女性の体にとっては排卵をするのってものすごくエネルギーが必要なことなので

排卵するときは体も疲れやすい



とか。




あなたは生理開始日から10日前後でだるくなったりしますか?





心当たりがあれば、排卵の時期で体がエネルギーをいっぱい使っているサインです。





私は20代のころは排卵痛があってもあまりだるくなることはなかったのですが、

35歳を過ぎたあたりから排卵の時期は地味にだるくなるようになって


「35歳過ぎると体も排卵するのは大変なんだな〜」


と、しみじみ体の老化を感じました…





相談を受けていると、

30代後半の女性だと排卵がお休みしがちになる女性も多いので



「私は、排卵の時期にだるくなるけど、
それでも卵巣ちゃんはがんばって排卵してくれていてありがたいな〜。


これも運動するようになったおかげだわ〜



と思ってしまいます。



排卵って運動不足になるとすぐにお休みしちゃうので
体を動かすようになったからこそ、37歳になっても順調に排卵があるのだと思うと


運動の効果ってすごいです。




これから妊娠を考えている場合、


卵巣や子宮の病気があっても、
排卵がうまくいっていれば妊娠してしまう女性もいますから


私はやはり


「排卵しやすくなるためには適度に運動しましょう」



とお伝えしていきます!



さて、前置きが長くなりましたが、



今回は



卵巣嚢腫(6pくらい)が見つかった40代前半のMさんから



「手術の前に、自分の出会ったもの自然療法の類いをいろいろと続けてまいりましたが、

少し大きくなったり小さくなったりを繰返しながら、
やはり妊娠希望もあり病院では手術勧められるくらいの大きさの現状です。


病院では手術を勧められましたが、手術にはやはり抵抗があり、
食事のことや他に何かした方が良いことがあれば、教えていただければ助かります。」


というメッセージをいただきましたので取り上げます。




手術といわれてもどうなるかこわいからやらないで済むならそのほうがいいですよね。



私も卵巣のチョコレートのう胞といわれてから
手術をするまでは


「手術はしたくない!!」


と思い、食事をがんばったり漢方を試したり、気功に行ったりといろいろ試していたのでお気持ちわかります。



私に届くご相談でも


「玄米と野菜しか食べない食事を3か月がんばったのに
卵巣のう腫が悪化して手術と言われました…」


と、自然療法的なものを試しているのにうまくいかなかったご相談がよくあります。



みなさん、食事や漢方などはがんばって試すのです。



でも、ご相談を受けているとほとんどの女性が実践していないことがあります。



…私も実践していなくて、それもあって手術になってしまったのだろうな〜と
後悔していることです…





あなたは卵巣や子宮の病気のためにがんばってきたと思います。


あなたは卵巣や子宮の病気のためにどんなことをがんばってきましたか?




Mさんからいただいたメッセージ







〜〜〜ここから〜〜〜〜


はじめまして。
ただいま4●歳で、3歳の娘が一人います。

今回はじめて相談させていただきました。
昨年梅雨頃に卵巣嚢腫(6pくらい)が見つかり、
病院では手術を勧められましたが、手術にはやはり抵抗があり、
手術の前に、自分の出会ったもの自然療法の類いをいろいろと続けてまいりましたが、

少し大きくなったり小さくなったりを繰返しながら、
やはり妊娠希望もあり病院では手術勧められるくらいの大きさの現状です。

卵巣が影響しているのかは分かりませんが、
昨年●月と今年●月に流産を経験して、いろいろと心境も変わってきたり、

一年以上経つので手術をした方がいいのかなとも思ったのですが、
やはり最後にもう少しできることをしたいなと思っていたところで、こちらのサイトに拝見しました。


最近途方に暮れていたのですが、読ませていただいて、とても勇気が出てきた気がします。


ありがとうございます。



食事のことや他に何かした方が良いことがあれば、教えていただければ助かります。



〜〜〜ここまで〜〜〜




「最近途方に暮れていたのですが、読ませていただいて、とても勇気が出てきた気がします。」


と言っていただけるのはとてもうれしいです。

ありがとうございます。



妊娠を希望されているのなら、
なおさら手術はしたくないでしょう。



卵巣のう腫はいろんな種類がありますが、
癒着を起こしやすいタイプの場合、

その癒着のせいで妊娠しづらくなってしまうことがあります。


そのため、手術をして卵巣のう腫の部分をとりのぞいたほうが
妊娠にとってはよいこともあります。



あなたの卵巣のう腫のタイプはわかりませんが、


手術をすることで妊娠に近づきやすくなることもあって
先生が手術をすすめることもあることは覚えておいてください





妊娠のことを考えると、
手術をしないほうがいいのかどうかは

私は医師ではないしあなたの検査結果を知らないので
私では判断できませんから、


今回は、卵巣のう腫が小さくなるためにできることについてお伝えします。




自然療法の類をいろいろ試したのに
なかなかよくならないと焦ってしまいますよね。



自然療法の類を試して頑張っている女性は多く、

主に食事や漢方で頑張っているわりにはよくならないという悩みの女性も多いです。



なかには、食事や漢方などだけでよくなっている人もいるようなので
その療法がその女性にとって合っていて結果がでていればそれでいいと思います。



ですが!!




あなたが今まで食事でがんばっても




結果が出ないのなら
食事だけがんばっても体は変わりにくいということに気づいてください







私が20代で卵巣のう腫だと言われたときは

脂肪の多いものを避けて、大好きなポテチなどのジャンクフードも我慢して
和食でがんばりました。


ブランド物のお財布が買えるような高い漢方を


「苦い…

でも、病気のため!」


とガマンして飲み続けました。




それで少しはよくなったこともありましたが、
結局は、卵巣のう腫が大きくなってしまい、

腹痛が起きてしまってつらかったので手術をしてもらいました。




私の場合は、開腹手術といってお腹を大きく切る手術だったので
傷の部分に癒着が起きてしまっていて


手術から10年経った今では、手術後の癒着の痛みで


「痛すぎて眠れない…」と


痛すぎて泣いてしまうようなことがあり…


「あんな手術、しなくて済んだらよかったのに…」


と、後悔の念にさいなまされることもあります。





「あのとき、大嫌いな運動をしっかりやって、卵巣があたたまるようにしていたら

手術をしなくてすんだかもしれないのに…

手術してから10年経って、手術のせいでこんなに痛い思いをするくらいなら

あのときもっとちゃんと運動をしておけばよかった…」



そんな後悔を何十回としています。


だからこそ、私は同じように卵巣のう腫で手術について
悩んでいる女性に同じ思いをしてほしくないという思いで



Mさん、あなたにお伝えしています。






日本の女性は、私もふくめ、


病気のこととなると食事や漢方などに走りがちですが、


私が相談を受けていて、

卵巣のう腫の手術をしなくて済んだ女性たちは



「卵巣があたたまって元気になるように体を動かして運動をした女性ばかり」

です。



私も最初は食事をメインにアドバイスをしていたのですが、

食事だけだと即効性が低い上に、

ストレスがかかったときにストレスの影響が大きすぎて
卵巣や子宮の病気は悪化しやすいのです。





ところが





「卵巣や子宮が病気になるくらい弱っている女性は
卵巣や子宮が冷えているから運動してあたたためてあげると元気になりやすいよ」



と、整体の先生に教わり、


「へ〜、運動って病気にもそんなに効果があるんだ〜」


と、ちょっと体操をしてみたくなったのです。




それまで運動嫌いでまったく運動をしなかった私は、


整体の先生のところでやる体操教室に参加してみて



「こんな簡単なストレッチでもいいならやりやすいかも


しかも、体を動かしたあとってなんかスッキリして気持ちいい!!」



と、体を動かすことの気持ちよさがたまらず


体操を1日5分だけでもやるようになったのです!





運動嫌いなことを知っている友人や知人は


「どうしちゃったの?!」とみんな驚くほどの変わりようでした。



なんか「変わったね〜」って言われるのもうれしくて

がんばって体操を続けるようにしたら…





「再発していた子宮筋腫の症状が楽になった〜」

「生理痛が楽になってうれしい〜!」

「卵巣のう腫が再発しないでうれしい〜♪」

「癒着の痛みが楽になって…マジ、うれしい!!」







と、体の変化がいくつもあって


「体って動かして血液の流れがよくなるとこんなに変わるんだ!!

運動嫌いの私でも変わることができるんだ!!」



と、

自分自身の体がまるで変身したようで人生も変わりました。




まわりからも


「なんか前より表情が変わって明るくなったね〜」


と言われてニコニコです(笑)






私自身がこんなに変われたので、


相談を受けた女性たちにも


「体を動かして卵巣や子宮があたたまるようにしましょう!」


とアドバイスをするようになりました。





そうしたら、


「手術は絶対にしたくないからがんばります!」


と、覚悟を決めてがんばってくださった女性たちは

卵巣のう腫の手術を言われていた女性でも手術をしなくてすんでいる女性もいるのです!



「食事や漢方より運動したほうが即効性が高いな〜」


と、運動の効果を実感しました。




なかでも驚いたのが!!



卵巣のう腫が7cmになっていて

「もう手術しましょう」と言われていたMIさんが


「前も手術してつらかったから
今度は絶対に手術したくない!!」


と、自分の体のためにがんばった結果、


たった2か月で卵巣が3cm台にまで小さくなってしまったときです。



MIさんは、玄米と野菜だけの食事を3か月も続けてがんばったのに
卵巣のう腫が大きくなってしまっていました。


ですから、私は

「玄米採食の食事をしてもダメだったのなら
それはあなたの体には合わないのでしょうから、

食事のことをはあまり考えないでふつうに食事をして

体に感謝しながら体を動かしましょう」



と、簡単にできる体操をいくつかお伝えしました。


MIさんは


「この体操なら簡単だし、

感謝していると気持ちいいです」


と、毎日がんばって続けてくださったのです。





その結果…


2か月半後には


〜〜〜ここから〜〜〜



卵巣膿腫が小さくなってました! 3.8×2.5!  
めぐみさんのおかげです! 何てお礼を言ったらいいのかわかりません....


めちゃくちゃ嬉しいです^^


ポカポカケアをする時、いつも心の中で、(卵巣ちゃんありがとう、めぐみさんありがとう) と言ってます^^


めぐみさんが教えて下さるケアは辛くないので本当に嬉しいです^^

〜〜〜ここまで〜〜〜


と、信じられないようなことが起こりました。



私もたった2か月半でこんなに卵巣のう腫がよくなった事例は
初めてだったので

目玉が飛び出るかと思うくらいびっくりしました。




このときの感動は忘れられないです。



「体って【運動と感謝】でこんなにも変わるんだ!!」



と、体のもっているパワーのすごさに感激でした。




あなたが、今まで食事でがんばっても体が変わらなかったのなら、
食事のことはこのさい横に置いておきましょう。




インスタント食品やジャンクフードばかり食べていたり、
野菜ジュースばかりというのなら


それはご飯とお味噌汁に切り替えて和食中心にしたほうがいいですが、
それ以外はとくに食事をがんばらなくてもいいです。



だって結果が出ていないのですから
食事にこだわるのはやめましょう。





MIさんにやってもらったのは、


卵巣のう腫になって弱っている卵巣ちゃんを手であたためて
「ありがとう♪」と声かけをしてもらいなら


卵巣まわりをストレッチしてもらうことぐらい
です。





それだけなのに、2カ月半で卵巣ちゃんが元気になってしまうとは、




心を込めて体に「ありがとう♪」と声かけするだけでも
体は元気になってくれるんですね。




アメリカのハーバード大学での研究では

「祈り」で病気の治りがびっくりするほどよくなる


というデータが出ていて、
病院でも治療に「祈り」を取り入れているそうです。


だれかに祈ってもらうことによって

「私は健康な体に戻れるんだ」


というイメージがしやすくなり
それが病気を治すスピードをアップさせてくれるのだそうです。




アメリカで40以上の大学で研究されて出ている結果なのだとか。





「あなたの体が元気になりますように」


と、心を込めて祈るだけでも、
あなたの病気を治すチカラになるのです。


同じように、あなたが自身があなたの卵巣ちゃん、子宮ちゃんのために




「病気になるまでがんばってくれてありがとう。
元のように元気になりますように」




と、祈るような気持ちで声をかけてあげてください。




ただ体のことを思って声かけをするだけですから
お金もかかりませんし、手間もかかりません。



これを面倒だと思うなら
体のためになにかしようとする覚悟が足りないと思うので




覚悟が足りない気持ちではなにをやっても体には響かないだろうと私は思っています。




卵巣があたたまる体操はお仕事をなさっている女性でも簡単に3分でできるメニューがありますから




「卵巣ちゃん、元気になってくれてありがとう」



と声かけをしながらやってみてください。



http://phnroom.sblo.jp/article/174558801.html






あなたの卵巣ちゃんが元気になってくれたらうれしくありませんか?





めぐみ


2016年08月24日

追いつめられると体が…

保健師のめぐみです。



今日、お読みくださるご縁に感謝します。




オリンピックも甲子園も終わって


「夏が終わったな〜」


と、ちょっと燃え尽きな気分です。



そのうえ、ちょっと前に、1年以上前のブログの記事でとんでもないミスをしていたことをコメントでご指摘いただき、


「うわ〜、こんな失礼なミスするとか…

どうしよう…」


と、めっちゃ弱気になりへこみ、


なんだか卵巣の手術の癒着のあたりも痛くなってきて涙目でした。




「失敗したー!!どうしよう!!!!!!」


っていうときって、体にもストレスがかかって弱い部分が痛くなるもんだな〜と


あらためてストレスが卵巣ちゃんや子宮ちゃんにはよくないわ〜と実感です。



あなたの生理にまつわる不調も卵巣や子宮の病気も

実は、ふだんの「どうしよう…」と感じる場面の積み重ねも影響していることもあります。



だれだってミスをしたくてしているわけじゃないですが、

社会人としてはなるべくミスをしないようにと気を付けているのにミスをするとすると本当にへこむし、


体にもよくないです。



失敗して苦しいとき、あなたは自分にどんな言葉をかけてあげていますか?



私は、今回のブログの大失敗をして、めっちゃへこんで体調も悪くなったんですけど、


でも、想像を超えた感激することが起きて本当に涙が出ました。




あなたは自分が失敗した時、まわりの大人にどんなことを言われましたか?



今回、私がブログでやらかしてしまった大ミスは、



妊娠希望の女性に対して、避妊の話でお返事を書いてしまったという
失礼きわまりないものでした。



途中から、お返事の相手を混同したのだと思います。




でも、ご本人してみれば、意を決して相談したのに
避妊を話になっているのですからとても傷ついたのではないかと思いました。


ご本人の思いを考えると本当に申し訳ないことをしたと思いました。




「1年以上前のことでもちゃんと失礼はお詫びしよう!」


と、勇気を出して謝罪文と訂正した記事を出しました。



この記事をアップするときは、


「責められるような反応があったらどうしよう…」


と、本当にこわかったです。





私は、子どものときに失敗をすると家族の大人に



「なんでそんな簡単なこともできないの!!」


「だからもうちょっとちゃんとよく見なさいって言ってるでしょ?!」


と、とにかく失敗した結果に対して怒られたり責められるようなことを言われることが多かったです。







そのせいか、


「失敗したら怒られれてがっかりされる」


「失敗してあやまっても責められることを言われる」



という意識ができてしまっていて、



「失敗したことを、自分なりに精一杯あやまってもいいことがない」


と思い込んでいました。



だから、ブログの記事で大ミスをしたことがわかったとき、


謝罪の言葉と訂正のお返事を公開するのがこわかったんです。






ところが…





いざ、謝罪の言葉と訂正のお返事の記事をアップしても、


私が勝手に悪く想像していた


「もっと責められる」

「もっと怒られる」


といったようなメッセージはまったく届きませんでした。



それどころか――――








『めぐみさんは色々な方を助けてくださってます。


私もそのうちのひとりです。


たくさんのご相談がくるとおもうのでそういうこともありますよ!


病院にいくのが怖くて相談するひともたくさんいるんだろうなーと。


同じくらい感謝してるのでその気持ちが伝われば嬉しいです。』


という、想像もしなかったあたたかい言葉をいただけて涙がボロボロ出てきました。





「私が今までやってきたことが、いいことだったのかはわからないけれど、

私なりに精一杯やってきたことをちゃんと見てくれている人がいるんだ…」






…もう、感動して、うれしくて、涙が出て言葉になりませんでした…





謝罪の言葉と訂正のお返事をアップまでは

胸に重たいおもりがつっかかっているような気分で、
手術の癒着の部分もチクチク痛くて苦しくてしょうがなかったのに、



私の失敗をあたたかく見守ってくださる方がいて
励ましのメッセージまでいただくなんて、私はなんて幸せなんだと思いました。




それまで「どんな反応をされるかこわい…」と思っていたので

体もこわばっていたのに、




「スー」っと体が軽くなった感じがしたのです。






「気持ちが救われると体がこんなに軽く感じるんだな〜」



と思いました。







だれだってミスをしてしまうことはあります。


ミスしたくてする人なんていないですよね。




ミスをしたり、「どんな反応をされるかこわい…」


と思ってしまうときはだれにでもあり、それも1つの経験にはなると思いますが、



そのたびに、追い詰められてしまうと、


あなたの体もまいってしまいます。








とくに、私のように、子供ころに失敗したとき



「次はこうしようか?」と改善策を一緒に考えてくれる言葉かけではなく、


「どうしていつもそうなの?!」


と、しかられてばかりだったり、追い詰められるような言葉をかけられることが多かった人は



おそらく大人になっても自分を追いつめてしまうことが多くなっていると思います。




失敗して追い詰められて、あなたの体がまいってしまって

あなたの卵巣ちゃんや子宮ちゃんが弱ってしまうなんて、そんなことになってほしくないと私は思っています。







失敗しても、


あなたがそれまであなたなりにがんばってきたこと全部がダメなわけじゃないんです。





きっと、あなたのおかげで助かっている人もいます。





「あなたのことを見てくれている人がいます」








追い詰められそうになったときは、


私がいただいたメッセージにあった


「そういうこともありますよ!


でも、あなたに助けられている人もいます。


大丈夫ですよ」



という言葉を思い出してほしいです。




あなたの心も体もつながっています。



追い詰められたときこそ、体がまいってしまわないように、


あなた自身があなたに「大丈夫だよ」と声をかけてあげてください。



あなたの体も少しずつでもハッピーな体に変わっていきます。








あなたの体がハッピーな体に変わったらうれしくありませんか?









追伸



あなたの生理は以前より短くなっていませんか?


それって冷えのせいかも…



http://www.el-aura.com/nurse%ef%bd%b0megumi20160818/




めぐみ


posted by megumi at 17:00 | Comment(0) | 体質改善>心の体質改善

2016年08月15日

不安なときでも体はハッピーに変わることができる

保健師のめぐみです。



今日、お読みくださるご縁に感謝します。



オリンピック、盛り上がっていますね〜


私は中学の時にバレーボール部(つねにベンチ)だったので、
予選の最後で試合に勝ち女子バレーが決勝トーナメントに進出できて

最後まであきらめずに試合をしてくれた選手の姿に感動して涙が出てきました。



女子の水泳で金メダルをとった金藤理絵選手にも感動しちゃいました。



引退を何度も考えるくらい不振とケガで苦しんだところから
金メダルをとるというのはご本人にしかわからない苦悩があったことでしょう。



それでも、金籐選手は加藤コーチを信じてトレーニングをし、
4月からは


「決勝のレースで金メダルをとる泳ぎをするイメージ」


というイメージトレーニングもしていたと、

テレビで元オリンピック水泳選手の田中雅美さんが話していました。




金メダルをとる選手というのは


「金メダルをとりたい」という願望の気持ちよりも


「金メダルをとる」という決意と覚悟でトレーニングをして、

「金メダルをとる試合をしている自分」

のイメージトレーニングを徹底的にやっている
んだな〜と


あらためて「イメージ」をしてそのとおりに体が動くようにトレーニングする

イメージトレーニングのすごさを感じました。




生理のことや子宮や卵巣の病気のことで悩んでいるときも、


「こうなったら不安…」


という気持ちは大きくなります。



ですが、


「こうなったら不安…」と思っているのも


「不安な未来をひたすらイメージしている」というイメージトレーニングをしているのと同じだということに気づいていますか?




脳科学の研究では、


手の小指は実際に動かさずに、

手の小指を動かしているイメージをしてもらった状態で脳のMRI検査をしたところ、


小指を実際に動かしていないのに、
小指を動かしたときに活性化する場所が活性化していることが実験でわかりました。



私たちの脳は、イメージするだけでも
イメージ通りに脳が活性化し、体もイメージ通りに動かしやすくなるのです。



「生理がこない…」

「病気が悪化したらどうしよう…」


と、不安なことばかり思っているのも、脳が反応してしまいます。



イメージするのはむずかしいと話す方もいますが、
不安なことをひたすらイメージしている女性はとても多いです。





不安なことをイメージできるなら、ほかのことだってイメージできます。





「生理がちゃんときたらうれしいな〜」

「病気が悪化しないで手術せずに済んだらうれしいな〜」

「体調がよくなってハッピーに過ごせたらうれしいな〜」


と、



あなたが「こうなったらうれしいな〜」ということをイメージしていますか?



私が、子宮や卵巣の病気があったり、
生理のトラブルで妊娠の不安があったりしても、


「こうなったらうれしいな〜」というイメージをしてください


と、お伝えしているのは、



多のう胞性卵巣症候群で排卵しづらく自力で生理がこなくて
10年近くもピルをのんでいたエリリンさんが私のブログを読んでくださり



イメージトレーニングをして


「10年くらいぶりに生理がきました!」


と、喜びのメッセージをくださったとき


10年も生理がきていなかった女性が薬なしで
生理がくるようになるなんてイメージトレーニングってすごい!!」


と、感動し、


「イメージトレーニング」のすごさを確信したからアドバイスでお伝えしているのです。



エリリンさんは


『カレンダーにも実践し始めて
1ヶ月後のところにペンで印つけて、
毎日この日にくるんだーと楽しみにしてましたね



今までは生理がこない事を毎日悩んでたんですが、 印をつけたことで生理がくることを楽しみに過ごすことができました!
実際は印より一週間早い日に来てくれましたよ』



と、生理がくる予定日を決めてイメージをしたときの感想を教えてくださっています。


エリリンさんも、


最初は「生理がこない」と連発していたのです。



でも、

「この日になったら生理がくるんだ〜」


というイメージに変えたら



「楽しみになった」のです。



この気持ちの変化がすごいですね〜




「生理がくるんだ〜 楽しみ〜」


という気持ちに変わると、脳が生理がきたときの同じような反応をしやすくなります。





そうなれば体も同じように反応しやすくなります。




子宮や卵巣の病気のことも同じで


「子宮ちゃんが元気になってうれしい〜」

「卵巣ちゃんが元気なってうれしい〜」

「体調がよくなって気持ちよく過ごせてハッピ〜」




というふうに、

言葉に出してイメージしていくと、

あなたの体も変わっていきます。




金メダルをとる選手が最高の結果を出すためにイメージトレーニングをして


金メダルをとるような結果を出しているくらい
イメージトレーニングが体を変えることがきでるから


あなたにもしつこく

「こうなったらうれしいな〜」というイメージをしてください


とお伝えしているのです。



私自身、子宮筋腫の手術をしたのに再発したときは


「なんでまた再発?!」と悲しかったし怒りもわいてきました。



でも、


「私の子宮ちゃんは大丈夫。元気になってくれる

そうなったらうれしいな〜」



と、イメージをするようになったら


不安な気持ちが全部なくなるわけではないですが、


なんだか気持ちも軽くなり


「子宮ちゃんのんためにも運動しようかな」


と、大嫌いな運動をするようにもなりました。





こうやって、

イメージトレーニングをすることで
気持ちが変わり、行動が変わります。





イメージトレーニングをしていくことでどんどん体も変わるのです。



私は、あなたの体も変わることができると信じています。


ケガをして引退を何度も考え、どん底を経験したであろう金籐選手だって、

日本の水泳選手では最年長という決して若くはない年齢なのに金メダルをとったのです。


金籐選手はメダルを取るには少し年齢が上でも金メダルをとることができるくらい体を変えることができると教えてくれたのです。



どんな年齢でも体が変わるのに遅すぎるということはありません。



あなたの体はこれからいくらでもハッピーに変わることができます。




あなたは体が変わってハッピーな人生を送りたいと思いませんか?




めぐみ




posted by megumi at 11:18 | Comment(0) | 体質改善>心の体質改善

2016年08月09日

胸をさわってみて冷えている感じがしませんか?

保健師のめぐみです。



今日、お読みくださるご縁に感謝します。



各地で35℃以上の猛暑日が続いていますね。


私が住んでいる茨城県南部も連日暑いです…


あまりに暑いとず〜っとエアコンのクーラーがかけっぱなしの部屋で1日中過ごしがちになってしまいます。



熱中症にならないためにもクーラーも上手に使って適温の維持することは大切なんですが、



クーラーの部屋でじっとしていることが多いと
子宮も卵巣も胸も動かないので冷えてしまうって知っていましたか?


クーラーの部屋で1日過ごしている日に、お腹の下の方を直接さわってみると冷えている女性が多いです。



…私も職場はクーラーがついているので冷えがちなんですよね…



暑いからといって動かずに過ごしていると

胸なんか生理前に張って痛くなってしまうので


「あー、そういえば、暑すぎて部屋の中でダラダラ過ごしてたから
胸がこんなにかたくなっちゃったんだな〜」


と、反省したり。



あなたの胸をさわってみて冷えている感じがしませんか?


実は、胸の血液の流れがよくなるようにケアをすると、子宮も元気になりやすいんです。



今回は、子宮筋腫といわれて治療中で、少しで悪化すると手術になってしまうという40代前半のUさんからのメッセージを取り上げます。



あなたは胸の血流が良くなるケアをしていますか?


Uさんからのメッセージ




〜〜〜ここから〜〜〜


はじめてコメントさせていただきます。

4●才です

私自身も子宮筋腫患っていて現在治療中です。


リュープリンも半年やりました。


少しでも悪くなれば手術になりたぶん子宮全摘です。


不安ですがめぐみさんのブログを見て参考にさせていただいています。



これからも見させていただいてまたコメントさせていただきます。



〜〜〜ここまで〜〜〜





Uさん、ブログへのコメントありがとうございます!




「少しでも悪くなれば手術になりたぶん子宮全摘です。」


と、言われているのなら心配にもなりますよね。


子宮を全部とる全摘手術なんでしたくないですから
どうにかして子宮筋腫が小さくなってくれたらいいですよね。



私は子宮筋腫だけとる手術をしたのに3年後くらいに再発してしまったので


「手術したのに再発するなんて…!

なんでー!!」



と、悲しいやら悔しいやらいろんな感情がぐるぐるし、


「子宮筋腫が大きくなってまた手術になったらどうしよう…」


と不安になりました。





子宮筋腫は女性ホルモンのエストロゲンのはたらきをおさえると
小さくなりやすいので、


わざとエストロゲンのはたらきが弱まって閉経状態になるように
リュープリンというお薬を使うことが多いですが、

強いお薬なので連続して使えるのは6か月間だけです。


閉経状態にするので更年期の症状が出やすいですから
体がつらくなりやすいんです。



Uさんもリュープリンの治療でつらい思いをなさったのではないかなと思います。



リュープリンを使ったことで子宮筋腫が小さくなれば、

Uさんのご年齢は40代前半と、そのうち閉経がきてもおかしくはない年齢なので、


「閉経するまで様子を見る」という選択肢もあります。



ところが、



◎同じ姿勢で過ごしていることが多くしきゅが冷えている
◎不規則な生活やストレスが続いてエストロゲンのはたらきが暴走してしまう
◎エストロゲンの量が過剰に増えやすくなる脂肪分が多い洋食やインスタント食品などの食事が続いている



といったことがあると、


子宮筋腫のエサはエストロゲンなので、
エサが増えれば子宮筋腫が悪化しやすいですし、

子宮が冷えていると病気を退治する免疫システムがうまくはたらかないため
筋腫が悪化し


子宮を全部とる手術になってしまいやすいです。




子宮筋腫が悪化しやすい条件がなんとなくわかりましたか?



ということで、




「子宮を全部とる全摘手術なんてしたくない!

子宮に元気なってほしい!」



というときに自分でもできるケアとして

私も実践してみて、


「再発していた子宮筋腫が大きくならずに


【子宮がきれいになっているね】と筋腫が消えてくれたー」

という結果がでたケアのポイント



◎子宮が元気になり、病気を退治する免疫システムがはたらきやすくなるように子宮があたたまるよう体を動かす
◎脂肪分が多すぎになる、パン食、洋食ばかりより、和食をこころがけて、どうしても食べたい気分のときは好きなものを楽しく食べる
◎エストロゲンのはたらきが暴走しやすくなる不規則な生活をできる範囲で見直す
といったことをお伝えしています。



なかでも、


「めっちゃ子宮筋腫にはいいな〜」


と、実感できたのは


◎子宮が元気になり、病気を退治する免疫システムがはたらきやすくなるように子宮があたたまるよう体を動かす


ことでした。



子宮筋腫が再発していたころの私の生活は、


車通勤でデスクワーク、

運動嫌いなので家でもゴロゴロして休日も運動しない…


夏も暑いので家でこもりっきり…


という典型的な運動不足の生活をしていて

子宮があるお腹の下の方をさわるといっつも冷たかったです。




あなたは子宮がぽかぽかあたたまるくらい運動をしていますか?



私も、冷えがよくないことはわかっていたのですが、運動は嫌いなので


腹巻をしたり、
漢方を飲んだり、
冷たい飲み物を飲まないようにしたり…


と、運動以外のことはがんばりましたが…



それでも子宮筋腫が再発してしまったのですから、


「運動しないって子宮が子宮筋腫を育てちゃうんだな〜」


と、今なら実感できます…



ですから


子宮筋腫が悪化しないためには


◎1日30分以上のウォーキングを3日くらいする
◎ラジオ体操を1日1回やる



といった適度な運動をすると、


子宮がぽかぽかあたたまるので筋腫も悪化しにくいです。



とはいえ、1日30分以上のウォーキングをするのも、暑いとなかなかできないですよね。



そこで!


今回お伝えするのは


★子宮の筋肉が良く動いてあたたまりやすい胸のケア


です。



あなたは胸があたたまるケアをしていますか?


胸の血流が良くなるようにさわってケアをすると、

オキシトシンというホルモンが出ます。



このオキシトシンは子宮の筋肉を収縮させるはたらきがあり、

出産のときに赤ちゃんがうまれてきやすくなるようにと量が増えて、

子宮を動かしている大事なホルモンです。


ただし、妊娠中はあまり子宮が収縮しすぎると早産になるので
あくまでも出産の時に出るのがよいのですが。



オキシトシンはスキンシップをするとだれでも量が増えて
「幸せを感じやすくなるホルモン」ということで注目されていて、

「幸せホルモン」とも呼ばれています。


胸のケアをすることで、
オキシトシンが出ると、

出産のときほどではないですが、子宮の筋肉が動きやすくなるので

冷えていた子宮があたたまりやすくなります。



家の中で5分でできるような胸のマッサージケアならわざわざウォーキングをしなくてもいいですし、

暑い時期でも屋内で簡単にできるので


子宮ちゃんもあたたまりやすくて筋腫のケアにはもってこいです。



さらに!



胸のケアをすると、たれ気味だった胸もふんわりするんですよ〜♪


胸のケアはやってみると、わきの下あたりのコリもほぐせるので気持ちいいです!


胸もふんわりするので見た目も老けないで見えてうれしい〜〜!



胸のケアはお風呂に入ったときでも、寝る前でもできます。



30分のウォーキングをするのと5分の胸のマッサージケアとあなたはどちらがやりやすいですか?


胸のケアで子宮がぽかぽかになって、筋腫が悪化しないで大事な子宮といつまでも一緒にいたいと思いませんか?


胸の血流が良くなるマッサージケア









追伸 



Q.あなたはTポイントを持っていますか?



ヤフーネット募金なら、
Tポイントを使って1ポイントから
熊本や大分の地震で被災した方を支援することができます。



Tポイントで熊本や大分のみなさんを応援する!




http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630023/




■編集後記



私は3人兄弟の一番上で


母にい〜〜っつも


「お姉ちゃんなんだからガマンしなさい」


「そんなことをしたらダメ」


といったことを言われ続けて育ったせいか、



「やりたいことがあるけど親に言ってもダメって言われるからやめておこう」


という感じで、あきらめるクセがついてしまっているなぁと最近気づきました。



親にかぎらず、他の人でも


「きっと言っても断られる」と思い込んでいるんですよ。



親に悪気はなかったんでしょうけど、すごい洗脳(笑)



でもね、

「自分を変えたい!!」


って思って、


「断われたら悲しいな…」とビクビクしながらも


人に頼ってみたら自分の予想以上に


「ああ、いいよ」って手伝ってもらえるんですよ!



「なんだ、今までの自分を変えられないって思ってたけどそうでもなかった」


と、ほんの少しですけど、


「自分を変えられた〜」


という達成感みたいなもので満たされて幸せでした。



それまで「変えられない」と思ってみたことでも

やってみると意外と「自分を変えることはできる」んです。



あなたの子宮ちゃんだって、元気に変わることはできますよ!




http://phnroom.sblo.jp/article/143126453.html



めぐみ

2016年08月01日

私、一人だけじゃないんだ…

保健師のめぐみです。


今日、お読みくださるご縁に感謝します。


梅雨明けした地域が増えて、

「夏だわ〜」という感じの暑さになってきましたね。



私は、週末に久しぶりに子宮内膜症と2回の開腹手術の癒着部分が


「イタイー!!」


と、叫びたくなるくらい痛み出して夜もまったく眠れず、

メルマガもかけずに寝込んでいました…


7月は旅行に行ったりして
癒着対策の体操をサボったこともあったので

「体はサボった分が、正直に反応するなぁ」

と、ちょっと反省デス…



でも、

同じような癒着の痛みで悩んでいる女性からのメッセージを
いただくことが多くなり、


「私、一人だけじゃないんだ…」


と、思うと以前よりは孤独感がうすれた感じがします。



「同じ癒着の悩みがある女性のためにも、
痛みがでない安心できる日を過ごせるために

どんな体操が癒着の痛みにいいのかこれからも研究しよう!」


と、新たな気持ちになりました。



「一人じゃない」


って、思えるだけでも

絶望的だった気持ちに光がさすものですね〜



あなたは、「一人じゃない」って思えた時、どんな気持ちになりましたか?



今回は、「私と同じ癒着の痛みだろうな〜」と思われる痛みで悩んでいる

40代前半のMさんからのメッセージを取り上げます。




Mさんからいただいたメッセージ








〜〜〜ここから〜〜〜


めぐみ先生こんにちは。色々調べていてたまたま辿り着きました。

現在4●歳、これまで婦人科系疾患はありません。


生理周期はだいたい26〜29日です。


7/●現在、生理1日目。
生理痛は、昔はひどく薬を飲まないと生活できませんでしたが、
ここ数年は、薬を使わず過ごせることが多くなっていました。


ところが、前々回(5/●ー5日間)の生理が終わった2日後、
5/●ー5日間に下腹部痛が起こりました。


激痛まではいかないけれど、痛みで眠れない、食事もあまりできない状態で、痛みは持続的です。

お尻の方に突き抜けるような痛みもありました。


痛みが続いて治まらないので、5/●に婦人科へ行きました。
内診、エコー、尿検査、検便をしましたが、
これといったものがなく、原因がわからないようで、
先生からは、ロキソニンで対応して様子を見てといわれました。


話の最中先生から出たそれらしい言葉は、
「子宮が多少前屈気味」「子宮内膜症の様なのも見えはするけど」の二つだけです。


前回の生理(6/●ー5日間)の時は、
前か後か忘れてしまいましたが、
膀胱炎の時のような違和感はありましたが、ロキソニンを使うほどの痛みはありませんでした。


そして今回の生理(7/●〜)の3日前から毎日下腹部に激痛がしています。

痛みは持続的で、10代の頃の生理痛のような、
痛いと叫びながらのたうちまわりたくなるような痛みです。


ロキソニンの効きも悪く、飲んでも効くのは数時間後です。

痛みで全く仕事に集中できません。


そして、今回はハッキリ排尿痛があります。

「生理前、下腹部痛、排尿痛」で検索をして、先生の悩み相談のひとつに辿り着きました。


その方(中学生)は軽度のようですが、私もその方と同じ状態なのでしょうか?


もう一度別な婦人科を受診すべきでしょうか?


お返事お待ちしております。
宜しくお願いします。



〜〜〜ここまで〜〜〜




眠れないほどの痛みが続くのはとてもお辛いだろうと思いました。



私もね、子宮内膜症と手術の癒着の痛みがでると
痛みで夜にまったく眠れなくなるのでお気持ちよくわかります!



安眠できるって幸せなことなんだな〜


と、身にしみます…



Mさんのメッセージを読んでいると、


私の実体験から言わせていただければ、



典型的な子宮内膜症からくる癒着の痛みだなと思いました。


「お尻の方に突き抜けるような痛みもありました。」


というのが、もろ、典型的な子宮内膜症の痛みの出方です。



子宮内膜症ってお尻近くにできて癒着が起きるので。



でも、病院では原因が見つからない…



こういうときは、


運動不足で腸が落下して癒着の部分を圧迫している
パターンが考えられます。




私も病院に行っても

「とくに異常は見つからないから
痛み止めだけ出すね」


で、終わって悲しかったです。


しかも、癒着の痛みには痛み止めはほぼ効かないので本当に薬代を払うだけバカらしいですよ…




では、Mさんの


生理中や生理後に起きる夜も眠れないくらいの痛みが続き、
お尻のほうに突き抜けるような痛みはなんなのか?


どうしたらいいのか?


については、


ご質問の

「もう一度別な婦人科を受診すべきでしょうか?」


と一緒に

生理のお悩み相談のブログでお伝えしています。



私も経験者なのでわかるのですが、


腸が落下しているのが原因だと思いますが
これは婦人科や産婦人科で検査してもおそらくわからないでしょう…



運動不足だと、だれでも腸は落下してしまうって知っていますか?



http://ameblo.jp/kenkostylist/entry-12186226583.html